View in mind

ヤツガシラー2017年12月21日

 時間が前後するが、昨年の12月の話である。ヤツガシラが昨年に続いて今年も出ているとの情報を見て早速行ってみることにした。
 群馬県の某公園に到着すると、すでに午前中から見ている人たちで結構賑わっている。三脚をスタンバイするもカメラをのぞいている人はほとんどいない。午前中に一度出て以来、遠くに飛んで行ったきり戻ってきていないとのこと。気長に待つしかない。私が到着した11時ころから時間が経つにつれてどんどん人が増えてきた。夕方に出やすいという情報が流れているせいだろう。ざっと数えても100人はいるだろう。平日とは思えない盛況ぶりだ。
 ヤツガシラが戻ってくるまでの間、時折近くに来るシメやハクセキレイ、ジョウビタキ、アオサギなどを観察しながら本命を待つ。
d0155021_23355455.jpg

d0155021_23364179.jpg

d0155021_23370777.jpg

d0155021_23370124.jpg

d0155021_23370438.jpg

d0155021_23371156.jpg

3時ころ、突然の帰還。真打登場だ。初めは木に止まってすこし警戒気味。
d0155021_23523870.jpg

そのうちに、芝のところに降りて盛んに採餌に忙しく動き回り始めた。ヤツガシラの動きに合わせて100人のギャラリーが動く。まるでイワシの群れのようだ。
d0155021_23371485.jpg

d0155021_23372492.jpg

虫を捕まえて…
d0155021_23372741.jpg
見事に飲み込んだ!
d0155021_23373764.jpg

d0155021_23374168.jpg
名前の由来であるヤツガシラを見られたのは2回。1回目がこちら。
d0155021_23374535.jpg

d0155021_23391266.jpg

d0155021_23391965.jpg

2回目は見事に羽まで上げてくれた。これを最後に、遠くに行ってしまったが、とても上品で愛嬌のある野鳥であった。また来年も来るだろうか。









[PR]
# by umineko314 | 2018-01-18 23:58 | 野鳥 | Comments(0)

千葉県より富士山を望むー1月14日

 家から高速道路を使わずに行けるスポットが袖ケ浦海浜公園だ。地元千葉県から富士山を見ようとすると、相当空気が澄んでいないと難しいが、幸い、年が明けてから天気の状態がよく、これはチャンスとばかりに出かけて行った。日曜日なのでそれなりに混んではいたが、公園以外は特に何もないところなので、カメラマンは数名しかいなかった。今日は富士山がくっきり見えて十分期待できそうだ。
 陽が沈む位置が南寄りのため、ダイヤモンド富士は拝めない。3月くらいになればかなり富士山に近づくと思われるので、またそのころ狙ってみたいと思う。この場所は以前にも夕陽や入道雲とアクアラインを撮ったことがあるが、その時は展望台からの眺めであった。今回は駐車場からすぐの海に面したところから撮影した。

d0155021_23214471.jpg
いい感じで富士山がシルエットになってくれた。
d0155021_23214160.jpg
だんだんと辺りが暗くなり、東京湾アクアラインが輝きだした。
d0155021_23213951.jpg
d0155021_23213786.jpg
 近くの道路にはヤシの木が植えられていて、南国リゾートを思わせる雰囲気があり、デートスポットとしても若者の間で人気があるらしい。アクアラインも見えて富士山も堪能できるこの場所はお気に入りである。これからもちょくちょく訪れることになりそうだ。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by umineko314 | 2018-01-17 23:38 | 富士山 | Comments(0)

伊豆スカイラインー12月14日

 11月は久しぶりに風邪を引いたりして、歳のせいか治りも遅くやっと体調が戻ったところで、どこに行こうかと悩んだ末、前回の撮影で大失敗をした伊豆スカイラインを選択。前回撮った時、RAWで撮っているつもりが、最低画素数のjpeg設定になっていたので、全く使い物にならず、いつかリベンジしたいと思っていたのだった。
 スカイラインの前に、大根干しと富士山を狙って、いろいろ走り回ったけれど、なかなか思うようなロケーションに出会わず、そちらは次回の宿題となった。遠くまで行く時間がなかったので、スカイラインに戻って撮影開始。
 ちょうどパラグライダーが飛んでいたので、コラボしてみた。
d0155021_00181641.jpg
陽が傾いてきたころには、少し雲が出始めて少し残念な落日になってしまった。
d0155021_00181995.jpg
 駿河湾と夕陽、太陽が隠れていなければもっと素敵な風景になっただろう。
 沼津市の街明かりも徐々に輝きだした。
d0155021_00182423.jpg
強引に富士山と絡めてみたが、生憎、雲が出てきてしまい富士山が目立たなくなってしまった。
d0155021_00182231.jpg
最後に、もう一度沼津市の夜景と駿河湾。
d0155021_00182741.jpg
 冬場は行きたいところだらけで困ってしまうが、いろいろな条件が揃わないとよい写真は撮れない。同じ場所でも同じ条件は絶対にないので、また違った写真になるし、なかなかベストは写真は撮れないでいる。だから面白いし奥深いとも言える。また出かけてしまう所以である。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by umineko314 | 2017-12-22 00:35 | 夜景・風景 | Comments(0)

秋富士

 秋の富士山が撮りたくてプチ登山を計画。当初、雁ヶ腹摺山を計画していたのだが、予定を変更して大蔵高丸に登ることにした。先日の台風で一旦は富士山が冠雪したのだが、ここ数日の暖かさで雪が溶けてしまったのは残念だ。
 夜明け前に湯の沢峠に到着し、ヘッドランプの明かりを頼りに山道を登ること約30分。体が温まる頃に到着。
 着いてみると山の東側が早くも朝焼けし始めている。
d0155021_23224299.jpg
d0155021_23230384.jpg
 顔を90度右に向けると富士山が大きく鎮座している。今日はとても良い天気である。
d0155021_23224687.jpg
d0155021_23224823.jpg
d0155021_23231292.jpg
 さらに右に90度向くと、南アルプスが見渡せる。今日は雲海も出てとてもいい感じ。南アルプスもまだ雪化粧ではなく少し迫力に欠けてしまうが見応えは十分である。
d0155021_23223831.jpg
 一緒に撮影されていた方といろいろ話をしながら撮っていると、あっという間に日が昇り、今日の撮影は終了。

 ここは鹿や人から植物を守るため登山道に柵が巡らされていて、それが画面に写り込んでしまうのが残念。また上の写真にあるように、鉄塔がせっかくの絶景を台無しにしている。もう少し景観を考えて欲しいと思う。来る途中の林道からもとても写真に撮りたい雰囲気の場所があったが、そこもドーンと富士山の前に鉄塔がありせっかく良い構図なだけにとても残念に思った。電柱や鉄塔はなんとかならないものだろうか。未来に向けて考えて欲しいところである。







[PR]
# by umineko314 | 2017-11-02 23:47 | 富士山 | Comments(0)

葉山より富士山を望むー10月26日

 神奈川の山が紹介されている本を読んでいて、偶然見つけた仙元山というところ。富士山と江ノ島が見渡せる良い雰囲気なのだが、意外と訪れている人は少なく、とにかく一度行ってみようということになった。折良く天気も良さげで期待できそうだ。
 事前調査で駐車場がないということだったので、葉山元町のコインパーキングに停めることにした。
 まずは駐車場から教会へ向かう。ここまでかなり急な舗装道路を歩く。もしかするとルートの中で一番急かもしれない。
写真の左のガードレールのところから山道となる。
d0155021_00233220.jpg
 しばらく樹林の中を歩くと、いきなり視界が開ける。私の嫌いなコンクリートの階段が登場するが、結構雨にえぐられていて歩きにくい。
d0155021_00232723.jpg
 約20分の歩行で展望台に到着。大きなイブキの木が目印だ。
d0155021_00232218.jpg
 ここからは眼下にきらめく相模湾、江ノ島、そして朧げながら富士山が望まれる。10月はまだ関東から富士山を眺めるには条件的に厳しい。思った通り富士山は霞んでいる。だが、よく見るとかすかに稜線を見ることができる。陽が沈めばきっとシルエットになってくれるだろうと期待しつつ待機。
d0155021_00231883.jpg

d0155021_00231619.jpg
夕日は結構感動ものだ。富士山も顔を出してくれた。
d0155021_00230677.jpg
さて、ここからがトワイライトタイムである。日没後のなんとも言えない情景に思わず息を飲む。
d0155021_00231341.jpg

d0155021_00231012.jpg
 葉山の夜景は光量は少なめだが、それでもなんとか夜景っぽくなった。
d0155021_00450641.jpg
d0155021_00450495.jpg
 たっぷり陽が暮れて、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに山道を下る。冬になればもっと富士山もくっきりと見えるのだろう。また来てみたいと思わせる場所だ。登山道がもっと整備されれば一般の人も来られるだろうと思う。










[PR]
# by umineko314 | 2017-10-30 00:53 | 富士山 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧