View in mind

シギチ巡りⅡ

 前回は時間がなくてじっくり見られなかったので、再度茨城方面にシギチを探しに出かけた。
今回は稲敷市から西に向かうルートを選択。東町のポイントでは先客がいたので期待したが、アオアシシギ2羽のみで他はチュウサギやアオサギなどがいるばかり。う〜ん、いやな予感。
 早々にポイントを後にして車を走らせていると、猛禽類がバトルをしている場面に遭遇した。しばらくして観察し、電柱に止まるのを確認して、そろそろと近づいてみた。どうやらチョウゲンボウとサシバが喧嘩していたようだ。
d0155021_041763.jpg

 電柱から飛び立ち…
d0155021_05208.jpg

どうやらキリギリスのような昆虫を捕まえたようだ。
サシバは今年生まれの幼鳥だろうか。もう少ししたら南に渡り始めるのだろう。
d0155021_073789.jpg


その後、田んぼの中の農道をひたすら走り、丹念に河内町まで見てみたが、休耕田もなく鳥は全くいない。前回タカブシギが見られたポイントは水が干上がってしまっていて全く話にならない。

 鳥はいないが緑鮮やかな田園風景は、それだけで見ていて心が和んでくる。稲穂は実がたわわで今にもこぼれ落ちそうなくらいに垂れ下がっている。
しばらく行くと、田んぼの中の小さな神社を見つけた。素敵なというとちょっと不謹慎だが、田んぼの守り神なのだろう、こういう小さな神社が結構点在している。
d0155021_020360.jpg

d0155021_0202073.jpg

 既にシギチを探す気力を失い、さてどうしよう。ここから近いサンカノゴイのポイントにでも寄ってみるか、と軽い気持ちで印旛沼に移動。ちょうど昼時で日差しもかなり強く、長居はしたくなかったので、2時間くらい居て出なければ帰ろう、と思いカメラをセットして待つ。
風は幾分涼しいが日差しは結構強烈で、腕や足がじりじりと焼けていくのが分かる。沼の方では、アジサシ類やカワウなどは飛んでいるが、お目当ての鳥はなかなか飛んでくれない。
1時間以上待っただろうか。ちょうど民主党の代表が野田氏に決まった直後にサンカノゴイが登場。
d0155021_0274888.jpg

d0155021_028730.jpg

何とか飛んでいるところを撮れてよかった。
ついでに民主党もサギ政権と言われないように頑張ってほしいものだ。

8月もあと3日。全開にした車の窓から入ってくる風はさわやかで、確かに秋の風であった。蓮の花もそろそろ終わり、ツクツクホウシが鳴き出したら、秋はもうすぐそこまで来ている。
d0155021_0351520.jpg

[PR]
by umineko314 | 2011-08-30 00:49 | 野鳥 | Comments(3)
Commented at 2011-09-02 21:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SAT at 2011-09-04 21:42 x
飛んでいる所を良く撮れていますね。連写ですか?鳥のことを考えていたら、焼き鳥を食べたくなりました!
Commented by umineko314 at 2011-09-05 19:38
>SATさん
こんばんは^^
飛んでいる写真はもちろんAF+連写です。だからほとんどカメラの性能次第ですね。
焼き鳥は私も大好物ですよ。あー、お腹減った…
<< 秋の干潟Ⅰ シギチ巡り >>



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧