View in mind

近場の鳥達

 今年は、近場で冬の鳥達をじっくりと見てみたい…というのも、今までは赤い鳥や青い鳥、フクロウなどを求めて遠出することが多く、案外と近場をじっくり観察することがなかったような気がするからだ。今まで行かなかった場所、行ってはいたがきちんと観察していなかった場所もたくさんあるにちがいない。今年はエコな鳥見を目指そうと新年に酔いながら誓ったのだった。

 近場と言っても移動手段は車がメインなので、県内(一部県外)のフィールドが中心だ。今回はそのポイントを絞るべく今まであまり行っていない場所も含めて出かけてみた。
 まずは東関道を潮来まで走り利根川沿いに南下して、まずは猛禽を探してみる。タゲリが結構多いが、ツグミは全くいない。猛禽ではチュウヒ、ノスリは結構な数がいる。しかし、なかなか近くでは撮らせてくれない。撮れたのは電信柱でお食事中のノスリだけ。
d0155021_1127960.jpg

さらにチョウゲンボウやコミミを探してうろうろする。しかし、なかなかいいポイントが見つからない。そうこうしているうちに、小鳥達もあまり姿を見せなくなり場所を移動することにした。
次に向かったのは浮島。ここでは越冬するシギチ達が蓮田で水浴びに興じていた。
d0155021_142779.jpg

d0155021_1424941.jpg

d0155021_1431594.jpg

タカブシギがタガメであろうか、水生昆虫を捕まえたが、ちょっと持て余し気味だった。
d0155021_1433159.jpg

さらに別な場所に移動しまたタカブに出会った。偶然だが、哲学者のような表情がおもしろい。
何を悩んでいるのだろうか?
d0155021_1444010.jpg

同じところで、久しぶりにセグロセキレイに出会えた。この鳥は山地の渓流沿いによくいるが、あまり移動しないと図鑑にも書いてある。川伝いに多少移動しているのかも知れない。
d0155021_1452247.jpg

d0155021_146178.jpg

さらに場所を移動。やっと近くでうたた寝をするノスリを見つけてしばし観察。
d0155021_1465656.jpg

最後にチュウヒのねぐら入りを見ようと観察舎近くでカメラを構える。
ここは鳥が遠く撮影には厳しいが、近くの芦原に群がるオオジュリンを見ることができた。
d0155021_1504258.jpg

ついでに、観察途中で出会った猫。とても愛らしい表情が印象的だった。
d0155021_1523863.jpg


近くでも結構たくさんの鳥達に出会えたし、写真も撮れてまずまずの成果が得られた。
次回は少し場所を広げてさらに探してみたいと思う。

[PR]
by umineko314 | 2012-01-18 02:04 | 野鳥 | Comments(1)
Commented at 2012-01-18 21:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 湘南平 新春初撮りは… >>



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧