View in mind

8月の三番瀬

 夏休み中に秋の渡りの経過を見に三番瀬まで行ってみた。
潮の加減を見て10時頃に到着。潮干狩りをしている人たち等に混じり鳥を探す。このところ猛暑日が続き立秋を過ぎても衰えない日差しにうんざりしながらも、ミユビシギの群れを見つけてしばし撮影。
d0155021_2328247.jpg

d0155021_23283070.jpg

 偶然右足に足環の付いた個体を見つけた。どこで付けられたのだろうか。左足にはフラッグ等が付いておらずよくわからない。谷津干潟か小櫃川だろうか。
d0155021_2331115.jpg

 足の部分を拡大してみる。
d0155021_23321539.jpg


 まだ、渡りというには種類が少ない。ふと遠くを見ると、キラキラした海の中に真っ白いダイサギが優雅に舞っていた。
d0155021_23375949.jpg

 もちろん踊っていたわけではなく、しっかり魚をキャッチ。
d0155021_23372153.jpg

 他にはキアシシギ、ウミネコ、シロチドリなどがいたが、オオメダイやミヤコドリは見られなかった。風が吹いていたのでそれほど暑さは感じなかったけれど、もう少し鳥を見たいと思い谷津干潟に移動してみた。
 こちらもあまりぱっとしないが、それでもトウネン、オオソリハシシギ、オバシギ、キアシシギ、ダイゼンなどがいて干潟らしい賑わいを見せていた。
 スコープで観察していると、いたいた、オバシギに混じってコオバシギを発見。少し遠かったが記念撮影をすることに。
d0155021_2344298.jpg

 羽を広げた時は偶然太陽が雲に入ってしまい、ブルーがかってしまった。
d0155021_2347773.jpg

 
 田んぼの状況も気になるが、それは次回に回すとして、とりあえず渡りの途中の鳥達に出会えて楽しい一日だった。日差しは強くても「風の音にぞおどろかれぬる」そんな秋の干潟であった。


[PR]
by umineko314 | 2012-08-19 23:53 | 野鳥 | Comments(0)
<< 秋の渡り 幕張の花火大会 >>



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧