View in mind

秋の渡り

 春同様、鳥屋とって秋は何かと忙しい時期である。8月のシギチに始まり9月〜10月の小鳥や猛禽の渡りが楽しめるからだ。その中でも年中行事になりつつあるのが、白樺峠詣。最近は観光地として認知をされたのか、バスで観光客がやってくるようになり、いささか場違いな感じがするが、サシバやハチクマ達が大挙して大空を渡って行く姿を見れば誰しも来た甲斐があると思うに違いない。
 今年は前々日に大量に飛んでしまい前日が雨だったせいか、数も少なく飛んでもかなりの上空で写真には厳しい条件だった。
d0155021_2201946.jpg

 この日はサシバよりもハチクマが多かった。成鳥が多く見られるのも白樺峠の良いところだ。
d0155021_221634.jpg

 猛禽の他によく見られたのがハリオアマツバメだ。結構近くを飛んでくれたが、後ろから急に現れて動きが速いので撮るのに苦労する。ピンが甘いがまぁいいか。
d0155021_224944.jpg

 そのうちにだんだんと雲が広がって、鳥がシルエットになって見づらくなってきた。夕方、結構な数の集団が飛んで、あきらめ気味な場の雰囲気を一気に活気づけてくれた。しかし鳥は半分雲の中。
d0155021_2262712.jpg


 今年はいささか天気に恵まれず残念な結果に終わったけれども、一年に一度は見ておきたいと思うのと、たとえ鳥が飛ばなくても山の清々しい空気を吸って、ぼーっとしているのは何とも言えない贅沢な時間だと思う。いつものマツムシソウや秋のキリン草、バッタやトンボにアサギマダラなど、鳥以外にも多くの生き物が見られ目を楽しませてくれた。そんな中とても可憐な花を見つけた。
d0155021_2292656.jpg


(見られた鳥)

サシバ、ハチクマ、ヤハブサ、ノスリ、ハリオアマツバメ、イワツバメ、アオバト、カケス、ヒヨドリなど。不思議とカラスやトビがほとんど見られなかった。


 




[PR]
by umineko314 | 2012-09-30 22:18 | 野鳥 | Comments(3)
Commented at 2012-10-01 19:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 19:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-01 19:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< タカサゴモズ 8月の三番瀬 >>



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧