View in mind

2月の鳥見

 ちょうど1ヶ月前のこと、2月の連休に野辺山にフクロウの様子を見に行った。
宿の主の話では、昨日は出ていたとのことなので個体数は少ないがいることはいるらしい。
しかし、早朝から探すものの見つからない。他の鳥、例えばオオマシコなども姿すら見えず。う〜ん、今年はだめか。ポイントを何回も往復して探しても肝心の鳥さんがいない。「一目見ん、一目見んとぞただにいそげる…」しかし、無情にもタイムアップ。
唯一、見られたベニマシコ。ナギナタコウジュの実を食べているところをパシャリ。(少し遠かったのでトリミングしています)
d0155021_23314028.jpg

 結局、宿の食堂から餌台に集まる鳥たちを撮ることにする。
特に多かったのが、ニュウナイスズメ。戸隠辺りで高い枝にとまっているのを苦労して撮ったのが、ばからしくなるくらい、ここでは至近距離から撮ることができた。
d0155021_23362763.jpg
d0155021_23361767.jpg
d0155021_233642.jpg

と、いきなり雉君の登場。豊富な餌に緊張感のかけらもない。
d0155021_23372563.jpg

シメやアトリといった冬鳥もやってくる。出かけなくてもここにじっとしていた方が良かったかもしれない。
d0155021_23385894.jpg
d0155021_23385055.jpg

アオゲラも牛脂を求めてやってくる。もちろんアカゲラも。アオゲラを見るのは久しぶりだ。
d0155021_23401665.jpg


 宿をチェックアウトして、再びオオマシコを探すがやはりいない。今回は本当についていない。
仕方ないので、どこかでお茶でもしようということになり、八ヶ岳クラブへ。
 ここではカラ類とシメやアトリが見られた。雪をバックに撮ることができたのはちょっと儲けた感じ。せっかく雪の多いところに来たのだからこういう画が撮れないとね、
d0155021_23444066.jpg
d0155021_23443392.jpg


 フクロウも年々減っているようで、此所で見られなくなったらどこへ行けばいいのだろう、と心配になってしまう。来年はたくさん見られることを期待して帰途についた。

[PR]
by umineko314 | 2013-03-11 23:56 | 野鳥 | Comments(0)
<< 2月最後の夜景@足柄峠 晴天の達磨山 >>



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧