View in mind

カテゴリ:夜景・風景( 46 )

幕張の花火大会

 今年から千葉の花火大会が幕張の浜で行われるというので行ってみた。近くで見られる観覧席は予約一杯だったのと幕張新都心の夜景と合わせて撮りたかったので、いつも撮影しているポイントに向かった。ここは普段はほとんど人が来ない割には海沿いに芝生があって、公園風になっており良いところなのだが、さすがに考えることは皆同じ。まだ明るいのに既に路上駐車が溢れていた。
 コンビニで飲み物と簡単なおかずを買ってきたが、花火が上がるまでにはまだ間があるので、堤防の上でくつろいでいる猫ちゃんにモデルになってもらった。なかなか綺麗な猫で野良とは思えない毛並みだ。
d0155021_2353468.jpg

d0155021_0264312.jpg

 猫撮影にも飽きてきてやっと日没。7時を過ぎてやっと花火大会が始まった。
 花火の撮影は初めてなので、いろいろと試行錯誤を繰り返しながらも何とか撮ったのがこれ。
d0155021_23552967.jpg

d0155021_23554587.jpg

d0155021_23554070.jpg

 少し距離があったので、思ったほど大きく撮れず、しかも、花火の煙が重なってしまい没写真の連続で、花火撮影の難しさを痛感した次第である。ま、これも練習次第。花火の上がるタイミングとSSの設定が難しい。花火の上がり方によっても変える必要がありそうだ。ともあれ、次はもう少しマシな写真を撮りたいものだ。

★PENTAX K-5 + DFA50mmF2.8Macro



[PR]
by umineko314 | 2012-08-10 00:00 | 夜景・風景 | Comments(2)

さくら広場と幕張新都心

d0155021_111535.jpg

2006年開園の新しい公園。建築家安藤忠雄氏の設計による「さくら広場」
まだまだ桜の枝振りが少ないものの人が少なく幕張新都心の夜景も見られるので穴場かもしれない。
撮影当日は風があって桜が揺れてしまい残念な結果に。また来年かな。

d0155021_1113649.jpg

[PR]
by umineko314 | 2012-04-11 11:03 | 夜景・風景 | Comments(0)

湘南平

 更新が遅すぎだが…先週のこと。夜景仲間のSさんとそのお友達のAさんとともに湘南平に遊んできた。Sさんの自宅近くで拾ってもらい、大磯駅でAさんと落ち合いいざ湘南平へ。標高はあまり高くはない。昔私が大磯に住んでいた頃小学校の遠足で行ったくらいだからすぐ着くだろう…と思いきや南側からは車では入れないのだった。大きく北側に回ってやっと到着。しかし迷った割には結果的にトワイライトにちょうどいい時間だった。「これも普段の行いが良いから」とS氏。敢えて反論はせずスルー。
 家を出るときはかなりの強風だったので、三脚にやや不安を抱えながらの撮影。撮影は初めてというA氏と三人で展望台の一番高いところから狙ってみる。風が強いので展望は◎。360°見渡せるが夜景はほとんど東側に偏っている。富士山が見える西側はあいにく雲が多くシルエットは撮れずだった。それでも相模湾の曲線と夜景の組み合わせが綺麗だったので夕暮れの西側をまずは撮影。
d0155021_17504231.jpg

 東側正面には電波塔がありその左右に東京方面の夜景が広がっている。南東側は平塚方面だが、やはり相模湾沿いに広がる夜景が美しい。
d0155021_17534361.jpg

 最後に鉄塔の左側、北東方面は遥か東京まで見渡せる。遠くに東京タワーも確認でき、光が幾重にも重なっている光景はさすが有名な夜景スポットだと納得させられる。
d0155021_17561783.jpg


 強風と寒さの中、無事撮影終了。その後宴会にて夜景談義に花が咲く…もしかしてこっちがメイン?撮ってる時間より飲んでる時間の方が長かったような(笑)

 Sさん、運転お疲れさまでした。Aさん、いろいろお世話になりました。この場を借りて多謝。

 

[PR]
by umineko314 | 2012-02-06 18:05 | 夜景・風景 | Comments(2)

三兎追って一兎を得る…

 近頃HPを賑わしていたコウライアイサ。私にとってはアイサ類は相性の悪い鳥で、今まで撮影チャンスはありながら、きちんとしたものが撮れていない種である。知り合いに教えていただいたので早速神奈川まで出かけることにした。
 例によって平日の月曜日。今まで月曜日はあまり天気がよくないイメージだったが、今年はよく晴れている。特に日頃の行いがよろしいわけではないのだが…(_)/
 閑話休題。湾岸から東名に入り神奈川を目指す。現地には十時くらいに到着。適当に田んぼ道に車を停めてカメラをセッティングしいざ出陣。
 土手を上がり川原で他のバーダーを探す。いたいた、何やら川原で大砲を構えている。近くまで言ってみると遠くにカワアイサの群れ。しかし対岸近くで遠い。しかもまったりムードで動きがない。
d0155021_10484127.jpg

お目当ての高麗君は朝方から行方不明らしい。う〜ん、待つしかないか。川原は日差しを遮るものがなく12月だというのに、ぎらぎらした太陽が照りつけている。サギが一羽空を舞った。
d0155021_10514616.jpg

待てども高麗君は出そうもない…カルガモ夫婦?も哀れみの目をこちらに向けている…
d0155021_10541687.jpg

川原を移動してみると月曜だというのに結構なバーダーの数。人気があるんだなぁ。
二時間まっても変化がないので早々に撤収にかかる。車への帰り道、目の前にモズが止まって何やらお食事を始めた。調べてみるとエビガラスズメの幼虫みたい。
d0155021_10571416.jpg

はやにえでも作ってくれることを期待したのだが、あっという間に飲み込んでしまった。
d0155021_10581188.jpg

 
車に戻り第二の目的地にナビをセッティング。足柄峠を目指す。
前日があまりにも綺麗な夕焼けだったので期待に胸がグンカンドリのように膨らんだが、そんなにいい天気が続くわけがない。予報では夕方から雲が出るとのこと。それでも下見を兼ねて足柄峠に行ってみた。案の定富士山は雲の中。これじゃちょっとね。城跡や金時山に向かう林道等を視察し時間は3時近く。ちょっと眠気も襲って来たが、このまま帰ってはどうも空しい。崖から落ちてもキノコを採って来た平安時代の受領のような根性で次なる目的地を探す。
 神奈川県は夜景スポットがたくさんあってすばらしい。そういえば曽我別所があったよね。ここもいつか訪れてみたい所だったからちょうど良い機会だ。場所も結構近い。
 現地に着くとちょうど日が暮れだしてグッドタイミング。他に鑑賞の車も2台ほど停まっていた。
高度はあまりないが小田原市街を一望でき視野も広く、何よりも車に乗ったまま鑑賞できるのがいい。今日も夕暮れが綺麗だった。
d0155021_1182251.jpg

どんどん日が落ちて街灯りが綺麗。しばし見とれる。
d0155021_1110234.jpg

何とか夜景が撮れたので来てよかった。三兎追えば一兎くらいは何とかなるもの(笑)でも、あ〜疲れた。

 

[PR]
by umineko314 | 2011-12-08 11:15 | 夜景・風景 | Comments(4)

さがみ湖イルミリオン

 あまりイルミネーション撮影に熱心ではない私が、珍しくイルミ撮影を試みた。
 向かった先は、さがみ湖イルミリオン。11月だし平日なのできっとまだ混んでいないだろうという予想は図星で、人混みにうんざりすることもなく撮影できたのはよかった。
 まずは入口。
d0155021_138498.jpg

 ここを登るとゲートがあり、パディントンベアがお出迎え。
d0155021_1401585.jpg

 丘の斜面の起伏をうまく活かしてイルミネーションを作ってあり、スケールが大きい。
 色もピンク系、ブルー系、グリーン系とまとめられていて見応えがある。
d0155021_1421420.jpg

d0155021_1423177.jpg

d0155021_143063.jpg
d0155021_1433171.jpg

 山の中腹に大聖堂があって、その中は音楽とそれに合わせて光るイルミネーションでなかなか見応えがあった。
d0155021_1561430.jpg

 丘の上には観覧車があり、富士山のイルミネーションが施されている。
d0155021_1482869.jpg

 「観覧車からは全体が見えるよ」と見知らぬカメラマンが教えてくれたので、せっかく来たのだから話の種に乗ってみようと言うことになった。
 なるほど、これは絶景。来てよかった。高感度で手持ち撮影のため画像はひどいが、会場全体が上から見下ろせてなかなかいい眺め。一周14分と短いが通常の夜景も見えて得した気分。
d0155021_1534292.jpg

 
 駐車場500円と入場料一人500円+観覧車とリフトのセットで700円。これはかなり安い。カップルや家族連れにもおすすめだ。


 PENTAX K-5+DA16-50mm★F2.8
[PR]
by umineko314 | 2011-11-22 02:02 | 夜景・風景 | Comments(0)

蔵王山展望台からの夜景

 今回の遠征ではもう一つの目的があった。それは蔵王山からの夜景撮影だ。
 そこは想像していたよりも立派な展望台で、昔はなかった発電用風車が頂上に聳えていた。暖かい気候が続いていたが、この日は強い風が湿気を振り払ってくれたようで、雲一つない空が気持ちいい。
 駐車場で若干仮眠し夕暮れとともに撮影開始。展望台は4階のガラス張り展望室と2階の展望デッキがあるが、4階はガラスが汚く、手すりが邪魔で撮影しづらかったため2階から撮ることにした。
 展望デッキは東向きのため、せっかくの夕暮れが撮れないのは残念だが、まずは豊川市街を撮ってみる。
d0155021_1441613.jpg

 せっかくのトワイライトを無駄にしたくないので、西側に移動。展望台のスロープ越しに空のグラデーションを楽しむ。
d0155021_1453562.jpg

 目の前の発電用風車が夕闇に溶けていい感じ。
d0155021_1462465.jpg

 急いで田原市市街(南向き)を撮影。残念ながら空は闇に包まれてしまったけれど、こちらの方が光がまとまっていて見応えがある。
d0155021_148145.jpg

 最後にもとに戻って豊川市街を再度撮影して終了。
d0155021_1485450.jpg

 
 今回は野鳥も夜景も両方そこそこ撮れたので、老体に鞭打ち頑張って行った甲斐があった。写真に限らないが、行動を起こさないと何ごとも成さないものだなぁとつくづく感じた次第。さて、次はどこへ行こうか?


 ★NIKON D700 + Ai-Nikkor 35mmF2S

 
[PR]
by umineko314 | 2011-11-09 02:00 | 夜景・風景 | Comments(2)

御殿場夜景と富士山

 久しぶりの夜景…梅雨に入る前に一度行ってみたかった場所。
 雲が多く富士山がうまくシルエットにはならず、空の色もどんよりとして梅雨時期の到来を感じさせる。秋冬にも再度訪れてみたい場所である。富士山そのものの写真も好きだが、夜景の中に富士山が入ると自然と威厳のある写真になるようだ。
d0155021_175796.jpg


NIKON D700+Nikkor35mmF2S
[PR]
by umineko314 | 2011-05-26 01:09 | 夜景・風景 | Comments(4)

高ボッチその後

 早朝の高ボッチで夜明けの富士山&諏訪湖夜景を撮るという目的は何とか達成した。ほとんど寝ずに行ったため強烈な睡魔が襲って来た。林道を20号を東京方面に向かいながら適当な所で仮眠を取る。
 昼近くに目覚め、さてこのまま帰るのもなんだかなぁ、もったいない気がして来た。
 帰り道はちょうど甲府も通る。そこで行ってみたかった健康の森に寄ってみようと考えた。ここも富士山が見られるスポットだ。
 結構早くについてしまい、富士山を見ながら、お湯沸かしてコーヒーを飲む。贅沢な時間。小さな展望台は他には誰もいない。しかし、今日は暖かい。富士山もかなり霞んでいる…冬空の透明な富士山夜景を期待しただけにちょっと残念。まぁ、記念ということで。
d0155021_10301024.jpg

d0155021_10304052.jpg

d0155021_1030585.jpg

ここなら雪が降らない限り行けるので、来年にもリベンジしたいなぁ。
手前の林が結構成長していて夜景を隠してしまっているのが少し残念だった。
[PR]
by umineko314 | 2010-12-14 10:33 | 夜景・風景 | Comments(4)

早朝の高ボッチ

 以前より、いつかは撮ってみたいと考えていた富士山&夜景。いろいろ候補地を検討している間に12月になってしまった。目的地を絞り込んでいるとアプローチの林道が冬期閉鎖になってしまっている所もあり焦る。そんな中、ちょうど高ボッチは今月の11日から閉鎖らしい。じゃあ頑張って行ってみるかと夜の高速を飛ばし諏訪方面へ。日曜は所用があり出発は夜の10時を回っていた…眠い。
諏訪SAで仮眠を取って4時頃高ボッチ駐車場へ到着。
 月曜の朝なので人もいないだろう…と思いきや、なんと至る所に車、車でびっくり。来週には来られなくなるのだから同様の考えで来ている人もいるだろう。土日はさぞ混雑しただろうなと想像。ここは南側は諏訪湖の夜景、富士山、北側はアルプスなどいろいろ楽しめてカメラマンの聖地化しているみたい。
 駐車場から緩やかな道を懐中電灯頼りに登って行くと高ボッチ山頂へ。その先を少し下ると…思わず「うわー、きれい!」と叫びたくなるような夜景が目に飛び込んで来た。夜明けを待ってしばし鑑賞。
富士山は少し雲がかかっていたが夜景+富士山+夜明けの空のグラデーションが見事にマッチして絶景である。
d0155021_2173100.jpg

だんだん夜も明けて来て空が明るくなる
d0155021_2175970.jpg

土曜日曜とかなり暖かだったせいか、12月にしてはうっすらと靄がかかったような天気で写真的にはかなり条件は良くなかった。もっと空気が澄んでいたらいいのになぁ。

駐車場へ降りて反対側を覗くと北アルプスが一望でき雄大な景色が広がっていた…
d0155021_2204939.jpg

とにかく眠い…とりあえず仮眠を取ろう。

PENTAX K10D ★16-50mmF2.8
[PR]
by umineko314 | 2010-12-08 02:27 | 夜景・風景 | Comments(2)

野鳥ー夜景ーイルミのハシゴ(その2)

 山中湖で運良く鳥の撮影ができたので、次なる目的地へ向かうことに。今回山中湖を選んだ理由は、たとえ鳥が不発でも富士山と夜景が見られるということが決め手だった。
 3時過ぎにファミレスで腹ごしらえをしてから有名スポットのパノラマ台に向かう。鳥の撮影は谷間だったので天気がよく分からなかったのだが、パノラマ台に着き富士山を眺めると、あらら…真っ黒な雲にすっぽりと覆われて山が見えない!雲はかなり大きく当分離れそうもなかったので予定変更。そういえば近くに夜景スポットがあったっけ。向かったのは浅間神社。
 神社に着き早速機材を担いで石段を上る。延々と続く石段は老体にはかなり応えた。息も切れ切れに登った先には塔が聳え、傍らに駐車場が…orz. 車で上れるとは知らなかった。しかし、苦労して登った甲斐があって眼下に奇麗な夜景が広がっている…
d0155021_1295615.jpg

この頃には富士山の雲もとれて、微かではあるがその姿を写し込めた。
d0155021_1311738.jpg

さて、ひとしきり撮影を終えると7時近くになった。このまま帰っても良かったのだが、高速がかなり渋滞(50キロ)していることが分かり、せっかく来たのだから何か他に見所はないだろうかと探してみたら、時の栖ホテルという所でイルミが開催されていることがわかった。
ということで急遽御殿場へ向かう。途中少し渋滞に巻き込まれたが無事到着。ホテルは結構人がいて縁日のような賑わい。カップルや子供連れが多い。ホテルそのものもイルミネーションされていて奇麗だ。
d0155021_138519.jpg

しばらく行くと名物の光のトンネルが現れた。カップルがラブラブで通って行くのを尻目に撮影開始。なかなか人が切れない…
d0155021_1395246.jpg

イルミを少し外れると、紅葉のライトアップも奇麗だった。
d0155021_1412934.jpg

奥には有料でウオータースクリーン&レーザーでイベントがあったのだが、あまり興味が持てないので割愛、帰途についた。それでも高速はまだ30キロの渋滞…いったいどうなってるの?
途中仮眠をとったりして渋滞を避け、家に帰ったのは0時を過ぎていた。やっぱりハシゴは疲れるなぁ。体力つけなあかんわ。

PENTAX K10D DA21mmF3.2LTD 
[PR]
by umineko314 | 2010-11-25 01:54 | 夜景・風景 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧