View in mind

カテゴリ:野鳥( 110 )

シギチ巡り2

 8月も終盤となりシギ、チドリ類の渡りもピークになりつつある。
 いろいろ悩んだ末、久しぶりにツバメチドリを見たくて茨城の田んぼへ。今年は猛暑続きで前回チェックしたポイントはことごとく干上がっていて鳥は入っていない。近年よく見られるポイントでムナグロ等の群れを発見。
d0155021_1041254.jpg

先客がいたため、鳥を飛ばしてしまわないように車でスルスルと近づく。かなり逆光になるが車を止めしばし観察。遠くにエリマキシギがいるではないか!しかしかなり遠い。先客のバーダー達は車を降りて三脚を出して撮影や観察をしているが、エリマキは比較的近くでお食事中。もっと近くへ来ないかな…と思っていると1羽がこちらに寄ってきた。背中の羽毛を逆立てているのが特徴。
d0155021_10462981.jpg

 なんか旨そうなものはないかなぁ…
d0155021_1048398.jpg

 アオアシシギの幼鳥もやって来た。
d0155021_1050595.jpg

d0155021_105219100.jpg

 遠くの畦になにやら背筋を伸ばした茶色い鳥が…
d0155021_10531643.jpg
 久しぶりに見るツバメチドリ。奇麗な夏羽は消えつつあるが見られてよかった。

 最後は全く警戒心のカケラもないコチドリの子供。これからの長旅、頑張れよー
d0155021_1057541.jpg

 今年は本当に猛暑続き。エンジンを止めた車の中はサウナ状態。でも、窓から時折入ってくる風にどことなく秋の気配が感じられた。

 
[PR]
by umineko314 | 2010-08-26 11:02 | 野鳥 | Comments(2)

仏沼のオオセッカ

 青森に行く時には必ず寄る場所がある。それは三沢市の仏沼。近年ラムサール条約の対象となりやっと保全されることになったオオセッカの繁殖地である。オオセッカは茨城の稲敷市や千葉の利根川沿いの芦原で繁殖しているのでそれほど珍しいわけではないが、鳥類全体から見ると個体数を減らしている絶滅危惧種である。
d0155021_114127.jpg

この豊かな葦原は後世まで手つかずで残してほしいものである。
d0155021_1144260.jpg

 今回数年ぶりに訪れたが、そこかしこでオオセッカのジキジキジキと鳴きながら飛び上がる独特のディスプレイが見られた。しかし写真にはなかなか撮らせてもらえず、仕方ないので昔撮った在庫から掲載(35mmポジフィルムをスキャンしデジタル化)
d0155021_1182963.jpg

 撮影年月日は2000年8月12日 RVP F4 1/250 という記録があった。
[PR]
by umineko314 | 2010-08-22 01:21 | 野鳥 | Comments(4)

シギチ巡り

 8月に入り、もうすぐ立秋。すでに秋の渡りも始まっていて休みを利用してシギチ探しに出るのがこの時期の恒例となっている。
 昔は政府の減反政策のおかげで休耕田もたくさんあって、そこに羽を休めるシギチの群れもかなりの数がいた。しかし、近年休耕田は少なくなり毎年鳥の入る場所は異なるため、この時期にはまず休耕田探しをしなければならない。茨城県の利根川沿いを鳥を探しながらゆっくり東に向かって走ってみた。
 まだまだ数は少ないが、アオアシシギ、キアシシギ、タカブシギ、コチドリなどが見られた。
d0155021_23122182.jpg

 コチドリは車をあまり警戒せず至近距離で撮影できた。どうやら親子のようで、幼鳥達はお互いにじゃれあいとてもかわいらしい。長い旅路前の一時の休息。
d0155021_23164733.jpg
d0155021_23162150.jpg

 タカブシギとキアシシギが1羽ずつ。まだまだ数が少ないが久しぶりにタカブシギを見た気がする
d0155021_23185814.jpg
d0155021_2318453.jpg

 この一帯はレンコンの産地。だから蓮田が点在する。夏を代表する蓮の花は開花寸前。
d0155021_23203786.jpg

d0155021_23233214.jpg

 これから本格的な渡りのシーズンとなり、今年はどんな鳥が見られるか楽しみでもある。
[PR]
by umineko314 | 2010-08-04 23:24 | 野鳥 | Comments(6)

梅雨空の高原

 天気が悪いのは分かっていたけれど…またまた高原に出かけてしまった。仕事の関係で日月しか休みが取れなかったので、友人夫妻には休みを合わせてもらい半分宴会目的で霧ヶ峰高原へ。
 案の定到着した頃から天気が下り坂になってきたので、早々に宿に向かった。
d0155021_0302944.jpg

 霧ヶ峰は時折霧に包まれ、遠くにかろうじてそれと分かるノビタキが1羽。胸の橙色が微かに判別できる程度。
d0155021_035212.jpg

 雨の中、宿の近くに来たモズ親子?夫婦かも知れないが…
d0155021_036066.jpg

 雨に濡れそぼっていたモズの幼鳥、ちょっとかわいそう。
d0155021_0371318.jpg

 本来なら、ニッコウキスゲなどと一緒にホオアカなどを撮りたかったのだが、時期的にも少し早く天気が悪かったので、また来年だね。
 夜は楽しい宴会。久しぶりにギターなんぞを弾いてしまい、指が痛い。なんか学生の頃を思い出してしまったなぁ。
[PR]
by umineko314 | 2010-07-15 00:42 | 野鳥 | Comments(6)

レンカクとの再会

 レンカク(夏羽)は2006年に茨城に出たときに初めて見てはいるが、その時はあまり条件が良くなくて距離が遠く証拠写真しか撮れなかった。滅多に見られない鳥なので、見られただけでもラッキーなのに今回、ちゃんと近くで写真が撮れて本当によかった。
 レンカクの情報があった訳ではなく、本当に偶然の出会いだった。当日は昼くらいから晴れの予報だったので、このところベニアジサシが見られている九十九里海岸へ行ってみた。しかしいくつかの海岸をハシゴしたにも関わらず、ほとんど鳥がいない!銚子も波崎も全くだめ。しかも雨上がりでかなり蒸し暑く、日差しが矢のように突き刺さり、これじゃ鳥さんも出てこないなぁと思う。
 せっかくここまで来たのだから、昼飯を食べてコジュリンやオオセッカでも見に行くか、と車を走らせた。川沿いの道を走っていてふと見ると、何やら大砲をセッティングしている人が。んっ?何かいるのか?とさらに車を走らせると20人くらいの集団が大砲を休耕田に向けているではないか!きっと何かいる!急いでUターンし再度見ると頭の白い鳥が…レンカクだ!ラッキー!
 というわけで、本当に偶然の出会いでびっくりでした。
d0155021_1194822.jpg

 大きな足で蓮の上を歩いたりするが、今回は蓮田ではなく残念。
d0155021_121282.jpg

 欲を言えば飛翔写真を撮りたかったけど、それは叶わなかった。だけど近くで見れたし写真も撮れたのでこれで満足しよう。写真はかなりトリミングしてます。早くテレコンを買わねば!
[PR]
by umineko314 | 2010-07-02 01:24 | 野鳥 | Comments(2)

高原の鳥

今年は梅雨入りが遅いので、いつもならジメジメと蒸し暑いのに、5月のように爽やかな陽気だった。
毎年、アカモズを見たくて来ているがなぜか空振り続き。年々減っていると言われているだけにその姿をカメラに収めたいと思うのだが…。とりあえず「タダモズ」君で我慢。
d0155021_1041818.jpg

 昔、ここはノビタキ天国だったらしいが、今は個体数も少ない。それでもつがいは見られたのでほっとする。写真はノビタキの雌。近くに雄がいたが、この雌はお立ち台が好きなよう。
d0155021_10431755.jpg

 車で近くを流していて見つけたホオアカ。遠くで元気よくさえずっていた。
d0155021_10441271.jpg


 その他、見られたり声を聞いた鳥は以下の通り。
モズ、ノビタキ、オオヨシキリ、ホオジロ、カワラヒワ、カッコウ、ホトトギ(S)、キジ(S)、ウグイス、アオジなど
他にも鳴き声だけでよく分からない鳥がいた。
 何とか赤いモズを見たいなぁ。今度の休みもリベンジするかな。
[PR]
by umineko314 | 2010-06-08 10:49 | 野鳥 | Comments(2)

北のお山へ

 GWにいい思いをしたため二匹目のドジョウを狙おうかとも考えたが、同じところに行くのもなんだか芸がないなぁと思い場所を変え久しぶりに上高地を訪れた。
 前日の夜に出て車中泊して朝一で上高地に入る。まだ木々は芽吹いたばかりで鳥を見るにはちょうどいい感じ。天気も快晴で朝のうちこそ肌寒く感じられたが徐々に汗ばむくらいの陽気となった。
バスターミナルでイワツバメの営巣を見て、遥か昔登った岳沢を見つつ小梨平から明神まで歩く。

d0155021_2553479.jpg

  高山でよく見るヒガラ
d0155021_256284.jpg

  地味なウグイスはこの時期しか姿を見せてくれない
d0155021_2581591.jpg

  夏鳥といえばこの鳥。キビタキの黄色はいつ見ても鮮やか
d0155021_259552.jpg

  巣材をいっぱい加えたコガラ、巣作り真っ盛り
d0155021_305225.jpg

  おしどり夫婦というが、本当は冬には別れてしまうオシドリ
d0155021_315190.jpg

  ニホンザルの群れに出会う。ここの猿はおとなしい。エンレイソウの茎をおいしそうに食べていた
d0155021_332714.jpg

  私をみて仲間と思ったのか、手を挙げて挨拶されたが…
d0155021_351983.jpg

  親子連れもいてほのぼのとした群れだった
d0155021_36555.jpg


 出会った種類はそれほど多くなかったけれど、天気にも恵まれいるだけで心癒される一日だった。
[PR]
by umineko314 | 2010-05-19 03:14 | 野鳥 | Comments(2)

長野遠征その2

 毎年のように訪れている場所だが、来るたびに新しい発見や野鳥の種類を観察できるのはここぐらいであろう。今回も初めて目にするシーンを見ることができた。
 キクイタダキはただでさえ見る機会が少ない鳥だが、この時期にしか見ることができない雄同士の縄張り争いのシーンを見ることができたのは本当に幸運であった。黄色い冠羽を逆立てたキクイタダキを初めて目の当たりにして興奮しきりであった。
d0155021_10391580.jpg

 また、数年ぶりにオオアカゲラの繁殖を見られてラッキー
d0155021_124051.jpg

 最後にいつもの愛嬌者、ミソサザイを一枚
d0155021_1244890.jpg

[PR]
by umineko314 | 2010-05-07 01:25 | 野鳥 | Comments(4)

長野遠征その1

 連休は友人と待ち合わせて長野へ遠征してきた。天気にも恵まれ、滅多に出会えないシーンも見られて感動と満足の二日間だった。
 行きは昼過ぎに出発し帰りは昼前に現地を出発した甲斐あってほとんど渋滞に遭わずに済んだ。おかげでおいしいお蕎麦を食べそこなったけど、渋滞は覚悟していただけにちょっと拍子抜け。こんなに連休ってすいていたっけ?
 
 出会えた野鳥は数知れず。縄張り争いがあちこちで見られるこの時期は格別だね。例年よりも寒く雪も多かったが、連休の日差しでみるみる溶けていった。

  アカゲラのバトル
 
d0155021_1054374.jpg

  定番のアカハラとアオジ
d0155021_1064582.jpg
d0155021_1071586.jpg

  入内スズメとキビタキ
d0155021_1092336.jpg
d0155021_1093872.jpg

  改めて自然の懐の深さを感じた遠征だった。
[PR]
by umineko314 | 2010-05-06 10:13 | 野鳥 | Comments(4)

昨日の三番瀬

そろそろ渡り鳥のシーズン。天気がよかったので三番瀬に行ってみた。
結構な数のシギチの群れ。春だなぁ。慌てていたので車に帽子を忘れてしまい、ウインドブレーカーのフードを被って撮影してました。まるでねずみ男みたいだった(たぶん)
d0155021_1054492.jpg
d0155021_106580.jpg

ちょうどミヤコドリが飛んでいった先に船が…あわててシャッターを切ったけどぼけぼけに。
d0155021_10104468.jpg

[PR]
by umineko314 | 2010-04-22 10:06 | 野鳥 | Comments(12)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧