View in mind

カテゴリ:富士山( 11 )

千貫門より富士山ー1月26日

 富士山好きなら一度は目にしたことがあるであろう風景、あまりにも有名な場所なので目新しさは全くないのだが、やはり押さえておきたい場所が千貫門からの富士山である。近くに黄金崎や三津など伊豆西海岸からは富士山を望むスポットはたくさんある中で、一番撮ってみたいと思っていた場所がここである。冬の季節風で波頭が白く立っている写真が有名だが、今日は小春日和のような穏やかさで海はいたって静かである。冬の荒々しさはなくても、駿河湾の澄んだ青緑色の海面が美しく、これはこれでとても好きである。到着まで4時間ほどかかったが、ナビの予想よりは1時間くらい早く着いてしまった。
 三雲オートキャンプ場の中に撮影場所があるが、キャンプ場2つあって夕陽の見えるキャンプ場の方が今回の目的地である。駐車場料金は帰る時に取られるが、時間制で私は3時間で600円であった。
 到着した時は雲一つない晴天で、空の青と海の蒼、そして千貫門の茶色い岩肌と雪を頂いた富士山の白のコントラストが見事である。特に日没の頃は岩肌が金色に染まってとても美しい。ここが多くの写真家を魅了してきたこともうなずける。
d0155021_08653.jpg

d0155021_082368.jpg

 夕方になるにつれて、雲が増えてきたが、富士山が隠れることもなく日没まで撮影できた。
d0155021_010072.jpg

 日没直後、富士山が一瞬紅色に染まって神々しい姿を見せてくれた。
d0155021_0101319.jpg

d0155021_0102873.jpg




[PR]
by umineko314 | 2017-01-28 00:13 | 富士山 | Comments(0)

地元からの富士山ー1月24日

 地元から富士山が望めるスポットは幾つかあるが、地元だけに案外行っていない場所もあったりする。また、まだ知らないスポットを見つけたりするのも楽しみの一つである。先日訪れたスポットでお会いした方から聞いた桟橋越しに富士山が望める場所に行ってみた。
 なんのための桟橋かよく分からないのだが、地元の人たちの散歩コースになっているようで、何するわけでもなく、桟橋を往復する人が何人かいた。平日の午後なので人も少なく人が途切れたところで記念撮影。富士山が霞んでいるのが残念である。夕方、シルエットの富士山ならもっと絵になるかもしれない。今回は以前の場所のリベンジもあって、ここでの撮影は早々に切り上げた。
d0155021_9144344.jpg

d0155021_915140.jpg

 さて、先週は強風のため断念した例の場所は、今日は富士山がちゃんと見えている。これは期待できそうだ。水面に雲が映って面白い絵になった。
d0155021_9175497.jpg

夕闇が迫り、夕陽がだんだんと色濃くなる。
d0155021_9182769.jpg

残念なことに、雲が出てきてしまい、ややすっきりしない絵になってきた。
d0155021_919588.jpg

d0155021_9193986.jpg

 まだ納得いく写真が撮れていないので、また通うことになりそうである。
 またしてもお会いしたOさん、お疲れさまでした。


[PR]
by umineko314 | 2017-01-27 09:24 | 富士山 | Comments(0)

浮世絵的な富士山ー12月31日

 千葉県から富士山がみられる場所はたくさんあるけれど、よほど天気がよく、空気が澄んでいないとなかなか撮影は難しい。もちろん休みの日と合わないとどうしようもないので、確率はかなり下がる。
 平成28年の大晦日、本当は風邪も抜けきらず仕事疲れもあってゆっくりするつもりだった。でも、あまりにも良い天気に撮影意欲倍増で、以前から行ってみたかった場所へ行ってみることにした。
 以前どこかで写真を見て、浮世絵のような雰囲気が印象的で、是非とも撮ってみたいとチャンスをうかがっていたのだ。
 到着から夕方までは野鳥の飛びものの練習で海岸の鳥達を撮り、日没近くになってレンズを付け替え、風景撮影に没頭する。富士山の前に筋状の雲が出て不満が残るが、雰囲気はまずまず良い写真が撮れた。ブログの写真は4:3という制限があるため、実際の画角と雰囲気が微妙に違うが仕方ない。
 現代に残る浮世絵的な富士山の景色はなかなか他ではみられないと思う。もう一度スッキリした状態で再チャレンジしたいところだ。
d0155021_12435951.jpg







[PR]
by umineko314 | 2017-01-01 12:45 | 富士山 | Comments(0)

赤富士のような…7月10日

 今年は空梅雨のようで、関東では水不足が心配されているが、前日に雨が降り、晴れる予報だったため赤富士狙いで山中湖まで出かけてみた。
 途中、東名高速が工事で通行止めになっていたため、道志みちを使って直接山中湖に出るルートを選択。圏央道ができてかなり早く行けるようになったので、予想以上に早く到着した。
 夜明けは4時半だが、4時くらいから白み始めてきたので慌てて準備をする。今日は焼けてくれるだろうか。地元の人が言うには、今日の赤さはそれほどでもないらしい。が一応赤富士には違いない。今年は雨が少ないのでそれも影響しているのだろうか。
d0155021_10533242.jpg

 赤富士といえば、真っ先に思い浮かぶのが葛飾北斎の赤富士(凱風快晴)であろう。北斎は意外ときちんと富士山を描いていて、剣ヶ峰の位置や沢筋の位置が正確に描かれている。赤富士の絵はどうやら富士吉田あたりから見た富士山のようだ。斜面の角度などは画家の誇張があるけれど方角的には間違いなさそうである。富士吉田は富士山信仰で栄えていたので逗留した可能性もある。それはともかく、あのような赤富士を見てみたいと以前から思っていたがなかなかチャンスがなくやっと行くことができた。しかしながら、赤さにはまだ満足していない。雨の量や見る角度によってまた赤みも変わってくるのだろう。
 その後場所を変えて西川林道を走ってみる。河口湖が見下ろせるポイントで記念撮影。
d0155021_11252815.jpg

ここは秋にも来てみたいところだ。良いロケハンになった。





[PR]
by umineko314 | 2016-07-12 11:30 | 富士山 | Comments(0)

定番富士風景ー4月26日

 茶畑の向こうに富士山、いかにも日本的というか静岡的な風景だ。茶摘みのお姉さんが写っていたらなお良かったのだが、それはなかなか難しい。茶摘みをしてしまうと新茶が摘み取られてしまうため、グリーンが少しくすんでしまう。ここでは綺麗な新芽があるうちに撮るのがいいようだ。だから時期的にGW前となる。天気が良くて休み…となると、仕事を持っているとなかなか難しい。
 平日なので前日の夜に都内を抜けて途中で車中泊し、朝一番で現地入りした。平日だけれどさすがに有名なスポットなだけあって常時10人くらいは撮影しているといった盛況ぶりだ。GWだと相当な人出だろうと想像する。
d0155021_10152636.jpg

d0155021_10153824.jpg

d0155021_10154992.jpg

 撮影は1時間もかからず終了したので、次にどこに行こうか迷ったのだが、山中湖ならまだ桜が散らずに残っているかもしれないと思い、足を伸ばしてみることにした。
d0155021_10175063.jpg

枝垂れ桃が綺麗に咲いていたのでコラボってみた。
d0155021_10182386.jpg

ここで飼われている?コブハクチョウが2羽いて、なんと卵を産んでいた。その近くでハクチョウの攻撃を受けながら富士山をバックに撮影。
d0155021_10195246.jpg

さらに高座山の中腹まで移動して新緑と富士を狙ってみたが、いまいちな出来だった。
d0155021_10211194.jpg

これから田植えの時期を迎えるが、水田と富士なども狙ってみたい景色である。また、今年は鯉のぼりが中止となったようでとても残念だ。芝桜と富士なども撮りたいと思うけれど他にも行きたいところがたくさんあってどうなるかわからないが、ゆっくりじっくり撮っていきたいと思う。


[PR]
by umineko314 | 2016-05-02 10:28 | 富士山 | Comments(0)

河口湖周辺ー10月25日・26日

 新道峠からの夜明けが撮りたくて、日曜の午後に出発。はじめに以前ひょんなことから見つけた河口湖が見下ろせるポイントで夕景と夜景を撮る。フィルターをつけなかったのでかなり逆光気味で色が出ない。富士山は飛んでしまうし、必死にレタッチで修正してなんとか見られる写真になった。フィルム時代には考えられないことで、文明の発達とはすごいものだと実感する。
d0155021_1231729.jpg

日が暮れて、河口湖大橋が輝きだした。
d0155021_124134.jpg

今日は十二夜で月明かりが結構明るい。なので肉眼ではもう闇の中の富士山が夜の帳に浮かび上がる。
これがデジタルの面白いところだ。
d0155021_1252044.jpg

その後、道の駅で仮眠を取って3時くらいに新道峠に上がるつもりでいたのが、やや遅れて4時半頃となってしまった。平日だというのに駐車場には止められず、路駐となる。第一展望台まで寝不足の体を引きずりなんとか到着。着くと同時に東の空が少し輝き出す。すでに撮影は始まっている。急がねば。
ここの夜景はいつ見ても綺麗だが、特に今日は快晴で気持ちよい空のグラデーションが見られそうだ。
d0155021_1291358.jpg

そのあと急速に明るくなり夢中でシャッターを切るうち夜は明け、霊峰富士が朝日に輝き出す。自然の雄大なドラマだ。
d0155021_133534.jpg

d0155021_1333526.jpg

お札の透かしにもなりそうな整った山容が美しい。日本の象徴は天皇ではなく間違いなく富士山にすべきだったと思う。
まだ体力が残っていたので、紅葉とのコラボを求め二十曲峠に向かう。
紅葉は部分的で、少しがっかりだ。とりあえず写真になりそうなところだけ数カット撮ってみたが、いまいちの出来で、これは次回への課題となった。
d0155021_1381980.jpg




[PR]
by umineko314 | 2015-10-27 01:43 | 富士山 | Comments(0)

初冠雪2015ー10月12日

 前日の日曜が雨だったので、もしかしたら富士山の綺麗な朝焼けが見られるかもしれない、との期待を胸に夜中に中央高を飛ばし山梨へ。
 途中、霧が出ていたりして雲海を狙って予定変更も考えたが、当初の予定どおり河口湖方面へ。目的地に結構早く着いてしまったが、すでに三脚を立てている人もいて、隣に入れてもらう。
 今日は新月なので星がやたらと多く感じる。冬の大三角形などを見つつ時間を潰す。と、そうこうしている打ちに空がだんだん白んできた。夜と昼の境で綺麗な富士山のシルエットに思わず見とれる。
d0155021_20105892.jpg

ダイヤモンド富士を狙うなら、もう少し別な場所の方が良かったのだろう。
d0155021_20121223.jpg

そのあと、混まないうちにコスモスと富士山を撮りに移動。
d0155021_20125938.jpg

なんだかパンフレットにある写真のようでつまらない。あまりにも眠たかったので仮眠してからパノラマ台に。秋らしくススキ穂を前景に撮ってみた。
d0155021_2015218.jpg

三連休なので観光客がごった返す中、初冠雪を戴いた富士山だけはどっしりと、孤高の勇姿を見せていたのだった。







[PR]
by umineko314 | 2015-10-12 20:22 | 富士山 | Comments(0)

大観山〜西伊豆 富士山めぐりー2月16日

 月曜は天気が良さそうだったので、暖かくなる前に富士山を見ておこうと思い立った。
 大観山は雲海で有名だが、今回は朝焼けの富士山狙いで夜中に出発。前日に降雪があれば雰囲気のある写真になるのだが、こればかりはどうしようもない。月曜だからか展望台には誰もおらず独り占めである。夜明け前のブルーな雰囲気から太陽が顔を出すと薄紅色に輝きだした富士山。しかし、思ったよりも紅くならずやや拍子抜けしてしまった。
d0155021_1029391.jpg

d0155021_10295835.jpg

 早々に撮影を終えて山を下る。沼津市の公園で仮眠してから西伊豆に向かった。次の目的地は発端丈山だ。前回、富士山が雲隠れしてしまい再チャレンジしないといけないと思っていた。それ以外にも西伊豆は富士山絶景スポットが多く見てみたかったところだ。
 夕方にはまだ早いため海岸線を大瀬崎に向かう。三津を過ぎてしばらく行くと、突然素晴らしい景色が目に飛び込んできた。
d0155021_1038378.jpg

  さらに南下してみる。海の中の石がアクセントになって面白い。
d0155021_10415180.jpg

 大瀬崎まで行ってUターン。ちょうどよい時間だ。
 ロケハンを済ませて、少し早いが林道を登ること20分。2月なのでかなり厚着をしてきたのだが、小春日和の暖かさでかなり汗だくになった。しかし、そんな不快な思いを吹き飛ばすような素晴らしい光景が目の前に広がっていた。まさしく絶景にふさわしい。
d0155021_10455715.jpg

富士山と淡島がまるで親子みたいに寄り添っている。
d0155021_10464672.jpg

そして夜。待ちに待った瞬間が訪れた。
d0155021_10472873.jpg


 前回はイノシシに脅かされたが、今回は近くにいなかったようだ。暗いヘッドランプの明かりを頼りに山を下った。



[PR]
by umineko314 | 2015-02-19 10:54 | 富士山 | Comments(0)

油壺ー1月3日

 以前、誰かのHPか写真集でみた風景なのだが、いつかは撮りたいと思っていた場所にやっと行くことができた。昨年より休みのたびにライブカメラや天気図とにらめっこしながら、ずっと機会を待っていた。しかし、なかなか条件の良い日には巡り合わず、しかもこのところ富士山は午後になると雲が湧くパターンの連続でやや諦め気味であった。待てば海路の日和ありというが、そのチャンスは案外早く訪れた。正月3日は全国的に好天に恵まれ、絶好の撮影日和となった。
 現地には日没1時間くらい前に到着。撮影している人はいない。三脚を立てて撮影開始。ここは夕景だけでなく、朝も昼も絵になる場所だ。
d0155021_2151228.jpg

だんだんと日が暮れて湾内が朱に染まる。まるで印象派の絵画を見ているようだ。
d0155021_2165787.jpg

気がつけば数人のカメラマンが来ていた。大方富士山が目当てであるが、風景屋さんはこの時点でほとんど撮影を終了して帰ってしまった。でも、この後の蒼い時間こそ最もドラマチックな光景なのだ。
 刻々と暗くなっていく夕闇の中、乾いたシャッター音だけが響いた。
d0155021_2231581.jpg





[PR]
by umineko314 | 2015-01-07 02:24 | 富士山 | Comments(0)

2月最後の夜景@足柄峠

 黄砂が来る前にと2月の最後の週、今シーズンの締めくくりに足柄峠に行ってみることにした。
到着した時はやや雲が多く、今回もやっぱり雲隠れかなとややトーンダウン。日没30分くらい前にカメラをセッティングして日没を待つ。今回は富士のお山はなんとか拝めそうだ。
 峠はそこそこ標高があるので、日陰には雪が残っている。薄暮の風は冷たく、周りには誰もいない。一人富士山と対峙して何とも言えない荘厳な気分に浸る。贅沢な時間。しばしトワイライトを楽しむ。
d0155021_23502465.jpg

d0155021_23503896.jpg

d0155021_23532118.jpg

 すっかり日が暮れると背後からお月さんが出て来て、雪をかぶった富士山を照らしてくれた。
d0155021_2354425.jpg


★PENTAX K-5 + DA21mm、FA31mm

[PR]
by umineko314 | 2013-03-25 00:00 | 富士山 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧