View in mind

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

GWの締めくくり

 GW最終日(仕事の都合で5/7)、遠出の疲れもあって近場でお茶を濁そうと谷津干潟に出かけた。見損なったオオメダイを探しに行ってみたのだが、鳥は遠くに固まっているし、風も強いし、そのうちハヤブサが出現して蹴散らしてしまったため、予定を変更して浮島方面に向かった。
 数カ所の蓮田にシギが入っていた。オオハシシギも夏羽になると奇麗だ。
d0155021_1049194.jpg

 一瞬、ウズラシギを見かけたのだが、これは写真を撮れなかった。他の場所ではタシギやタカブシギ、バン、ムナグロが見られそれなりの成果があった。
d0155021_10511794.jpg

d0155021_10513377.jpg

d0155021_10515338.jpg

d0155021_1054612.jpg
d0155021_10535649.jpg

 近くの畑ではキジ♂が私の前でケーンケーンと鳴きながら、見事な幌打ちを見せてくれた。
d0155021_1123213.jpg

d0155021_112462.jpg

「雉も鳴かずば打たれまい」というが、大きく目立つので鳴かなくても打たれてしまうと思う。ここは個体数も多く、何とも長閑で、昭和の昔にタイムスリップしかのような錯覚に陥ってしまう。こういう環境はいつまでも残っていてほしい。




[PR]
by umineko314 | 2013-05-16 11:09 | 野鳥 | Comments(0)

長野遠征(2日目)

 2日目は早朝から探索開始。しかし…鳥が全く啼いていない。どうしたことか。標高が高いので夏鳥にとっては寒すぎるのだろうか。一周してみたが結局シャッターは押せず仕舞い。こんなことならもっと寝ていれば良かった。
 朝食を食べ気を取り直して再度探索に向かう。昨日カワガラスやコマドリを見たポイントでしばらく粘ってみるが、あまり期待できそうにない。昨日よりは天気がよいのが救いだ。
場所を移動しルリビタキが見られたポイントに向かう。
ウグイスやゴジュウカラを撮って肩ならしならぬ指ならしをしてみる。
d0155021_1363883.jpg

ゴジュウカラがさえずっているシーンには意外とお目にかかれないと思う。
d0155021_1365212.jpg

そうこうしているうちに、またまたルリビタキが登場。
d0155021_1383218.jpg

d0155021_1421736.jpg
d0155021_142649.jpg

アオジやウグイスに混じってムシクイらしき鳥も現れたが、すばしっこくてなかなか思うように撮れない。細かな枝があって鳥にピントが微妙に合わずAF泣かせだ。
ウグイスだろうか。針葉樹から顔を出してくれた。
d0155021_1474538.jpg

ヒガラが近くに来てなかなかかわいい仕草をしてくれた。
d0155021_1485979.jpg
d0155021_1484774.jpg

ちょうどルリビタキの撮影に興じていた時、後ろの池で事件が起こっていた。
一人離れて遊んでいた妻が何とクロテンらしき四つ足を発見。どうやら池にやって来て魚を捕っていたようだ。慌ててそちらに駆けつけたが池を泳いで逃げていく後ろ姿しか見えない。それでもカメラで追いながら何枚かシャッターを切った。全身真っ黒で、確かに姿はテンに似ているが色合いが全く違う。クロテンは北海道にしかいないはずだし、夜行性なのであまり日中は見られないだろう。いろいろ考えたあげくこれはミンクではないか?という結論に達しスマホで確認してみたら、果たしてミンクだった。こんな所に繁殖しているとは驚きだし、初めて見るミンクにかなり興奮した。
一応、証拠写真がこれ。
d0155021_157214.jpg


ミンク登場というサプライズがあったおかげで印象の濃い鳥見となったが、全体的には鳥影が薄く種類もそれほど多くないので期待したほどではなかったけれど、戸隠とは違った鳥相で時期をずらせば楽しめるような気がする。確実に来年の候補にはなると思う。





[PR]
by umineko314 | 2013-05-12 02:05 | 野鳥 | Comments(0)

長野遠征(1日目)

 ここ数年、GWは戸隠が恒例となっていたのだが、今年は少し趣向を変えてみようと思い、まだ少し早い高原の森を選んでみた。標高が高めなので果たして鳥はいるのだろうかとかなり心配であった。
渋滞を避け3日の夜に出発し途中で仮眠してから現地に入った。
 フィールドに足を踏み入れると、白樺林が美しく、ここに奇麗な鳥がとまってくれたら絵になるなぁと思いつつカメラを担いで歩いていく。
d0155021_1234478.jpg

と、黄色い鳥が目に入った。キビタキだ。囀りは聞かれなかったので、まだ到着間もないのだろう、縄張りを物色しているように見える。早速一枚撮らせてもらう。
d0155021_124838.jpg

まだ、木々の芽吹きも遅いようで、その分鳥は探しやすいが、写真は冬にような色合いに乏しい写真になってしまいがち。
それにしても鳥が少ない。遊歩道を歩いてみてもウグイスとミソサザイ、カラ類以外は鳴き声がしない。1週間ばかり早いのかもしれない。それに気温も低い。陽が当たっている所はそれなりに暖かいのだが、日陰になると急に寒く感じる。これでは鳥も少ないわけだ。午前中はあまり収穫のないまま10時頃友人夫婦と合流し一緒に鳥を探す。
 滝のあるところでしばらく休んでいると、カワガラスを発見。そして運良くコマドリも登場し一気に盛り上がる。同じ場所でキセキレイ、ミソサザイも見られた。
d0155021_1142383.jpg

d0155021_11447100.jpg

d0155021_1212558.jpg

 結局コマドリと出会えたのはこの時だけで、本当にラッキーだった。
 陽が高くなり、暖かくなってくるとようやく鳥たちが活発に動きだした。キビタキとルリビタキが特に多い。特にキビタキは夕方まで撮り放題でかなり個体数が多い。
d0155021_121465.jpg

d0155021_1224447.jpg
d0155021_1221472.jpg

d0155021_1242017.jpg

d0155021_1344742.jpg

 他に確認できた鳥はエゾムシクイ、ゴジュウカラ、ヒガラ、コガラ、シジュウカラなど。なぜかゲラ類を見かけなかったのはちょっと物足りない感じがした。夕方になって雲が空を多い雨が降って来たため撤収。やたらヒタキ類ばかりを撮りまくった一日だった。




[PR]
by umineko314 | 2013-05-10 01:39 | 野鳥 | Comments(0)

谷津干潟(5/1,2)

 山の鳥を見た後は、やっぱり水辺の鳥が見たくなる。谷津干潟のHPでオオメダイが出ているとのことで出かけてみた。谷津干潟はマイフィールドだが、このところ鳥が少なく昔のように足しげく通うことがなくなっていたので、二日連続で訪れるのは本当に久しぶりだ。相変わらず鳥は少なめだが、それでもこの時期だけは賑やかだ。三番瀬が潮干狩りで落ち着かないのでこちらで羽を休めているのもいるだろう。肝心のオオメダイは見つけられなかったが久しぶりに干潟の鳥たちを堪能できた。
d0155021_21491043.jpg

d0155021_21494352.jpg

d0155021_21503527.jpg

d0155021_21505841.jpg

 谷津干潟の常連と言えばこの子たち
d0155021_2152833.jpg

d0155021_21524614.jpg

d0155021_21531263.jpg

 オバシギも姿を見せた
d0155021_21534344.jpg

 春の渡りらしく夏バネのオオソリも130羽ほど来ていた
d0155021_21562759.jpg

 貝を捕まえてご満悦のオオソリ君
d0155021_2157130.jpg

 ここで問題。私は誰でしょう?
d0155021_21573732.jpg

 正解はこちら。
d0155021_2158299.jpg

 
 さて、GWもちょうど中日。5月にしては寒いくらいの気候で、薄手の羽毛服を着込んでの観察だった。谷津干潟は増えすぎたアオサのせいで、全体的に緑が濃くなった印象。これではゴカイやカニが減ってしまうのではと懸念される。当然、それを目当てにしている鳥たちには大打撃だろう。潮の満ち引きがゆっくりしているのも影響しているようだが、せっかくラムサール条約に登録されているのだから、環境保全には全力を尽くしてもらいたいと思う。昔のように、一面鳥だらけの谷津干潟に戻ってほしいと切に願っている。



[PR]
by umineko314 | 2013-05-07 22:08 | 野鳥 | Comments(0)

春のお山へ

 GWの前半は、夏鳥を期待して少し遠出をしてみた。
 天気も良く、新緑がまぶしい。鳥は少なめだが鳥の声をBGMに、芽吹いたばかりの鮮やかな緑を見ながらまったり時間を過ごすのはこの上ない贅沢と言えよう。
d0155021_23392052.jpg

 いつも行く公園では早くもオオルリが囀り始めていた。
d0155021_23395262.jpg

 クロツグミの♀が地面近くをうろうろしていたのでパシャリ。
d0155021_23402567.jpg

 来ていた地元のバーダーにサンショウクイの巣を教えてもらい、しばらく一緒に観察した。かなり高い所に巣がある。夫婦そろった所を狙ってみた。(遠かったのでこれだけはNIKON 1V1を使用)
d0155021_23404481.jpg

その他、カケス、オオタカ、ミソサザイ、センダイムシクイ、クロツグミ♂(声)、キビタキ(声)、ツツドリ(声)

 帰りは渋滞を避け、サシバなどを探しながら一般道で帰って来たが、案外早く帰ることができた。


[PR]
by umineko314 | 2013-05-02 23:42 | 野鳥 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧