View in mind

<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

葉山より富士山を望むー10月26日

 神奈川の山が紹介されている本を読んでいて、偶然見つけた仙元山というところ。富士山と江ノ島が見渡せる良い雰囲気なのだが、意外と訪れている人は少なく、とにかく一度行ってみようということになった。折良く天気も良さげで期待できそうだ。
 事前調査で駐車場がないということだったので、葉山元町のコインパーキングに停めることにした。
 まずは駐車場から教会へ向かう。ここまでかなり急な舗装道路を歩く。もしかするとルートの中で一番急かもしれない。
写真の左のガードレールのところから山道となる。
d0155021_00233220.jpg
 しばらく樹林の中を歩くと、いきなり視界が開ける。私の嫌いなコンクリートの階段が登場するが、結構雨にえぐられていて歩きにくい。
d0155021_00232723.jpg
 約20分の歩行で展望台に到着。大きなイブキの木が目印だ。
d0155021_00232218.jpg
 ここからは眼下にきらめく相模湾、江ノ島、そして朧げながら富士山が望まれる。10月はまだ関東から富士山を眺めるには条件的に厳しい。思った通り富士山は霞んでいる。だが、よく見るとかすかに稜線を見ることができる。陽が沈めばきっとシルエットになってくれるだろうと期待しつつ待機。
d0155021_00231883.jpg

d0155021_00231619.jpg
夕日は結構感動ものだ。富士山も顔を出してくれた。
d0155021_00230677.jpg
さて、ここからがトワイライトタイムである。日没後のなんとも言えない情景に思わず息を飲む。
d0155021_00231341.jpg

d0155021_00231012.jpg
 葉山の夜景は光量は少なめだが、それでもなんとか夜景っぽくなった。
d0155021_00450641.jpg
d0155021_00450495.jpg
 たっぷり陽が暮れて、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに山道を下る。冬になればもっと富士山もくっきりと見えるのだろう。また来てみたいと思わせる場所だ。登山道がもっと整備されれば一般の人も来られるだろうと思う。










[PR]
by umineko314 | 2017-10-30 00:53 | 富士山 | Comments(0)

シギチ天国・稲敷市ー10月12日

 10月といえば、そろそろ渡りも終盤に近い。このところネットでも話題のアメウズを見たくなって、稲敷市に行ってみた。
 その前に遠いが、エリマキシギの群が見られたので記念撮影。
d0155021_01095211.jpg
場所を少し移動してアメリカウズラシギのポイントへ。
d0155021_01094221.jpg

d0155021_01094032.jpg

d0155021_01093882.jpg
同じ蓮田には、ウズラシギ、トウネン、ハマシギ、タカブシギなどもいて賑やかだ。
d0155021_01095077.jpg
d0155021_01093649.jpg
ちょうどうまい具合に、ウズラとハマとトウネンが同じ場所に集まった。
d0155021_01093433.jpg
d0155021_01093056.jpg
そこに、アメウズもやってきた。四種が同じフレームに収まるというのはとても珍しい。ピンは甘いが記念に載せてみる。
d0155021_01092768.jpg
さらに、近くにいたハクセキレイまで乱入。五点盛りとなった。
d0155021_01092562.jpg
場所を変えて、ツルシギやオグロシギが見られるポイントに移動。ここでもすぐに見つかり、短時間で豪華なメンバーを見ることができた。こんなことは最近では珍しい。
d0155021_01091613.jpg
d0155021_01091462.jpg
d0155021_01091267.jpg
水浴びはなかなか豪快である。
d0155021_01091095.jpg
d0155021_01090802.jpg

d0155021_01090234.jpg
近くにはクサシギとコチドリ(幼鳥)もいて、なかなか良い環境だ。
d0155021_01090578.jpg
d0155021_01090091.jpg
d0155021_01085797.jpg
d0155021_01085590.jpg
すぐ近くにはオグロシギの群もいて、今日は大忙しである。
d0155021_01085220.jpg
d0155021_01085084.jpg
d0155021_01084711.jpg
オグロシギと一緒にオオハシシギも発見。毎年この地で越冬しているので、このまま居座るつもりだろうか。
d0155021_01084474.jpg
たくさんの種類を同時に見たのは何年ぶりだろうか。さすがはシギチ天国稲敷市である。このような環境が末長く残っていてほしいものである。













[PR]
by umineko314 | 2017-10-13 01:42 | 野鳥 | Comments(0)

力芝と富士山ー10月4日5日

 鳥の渡りも一段落して、久しぶりに富士山を見たくなった。折しも力芝が見頃の季節。紅葉には少し早いので、6月の撮影ですっかり気に入った田貫湖に朝焼けを期待して出かけてみた。早朝狙いのため昼過ぎに出て、力芝のポイントを下見してから田貫湖に向かった。到着と同時にずっと見えていなかった富士山がひょっこり顔を出していたので、慌ててカメラを出して撮影。
d0155021_18291584.jpg
そのあとすぐに雲の中へ消えてしまったのだが、夕日に照らされた夏富士の一瞬をなんとか撮ることができた。

 午前3時くらいに起きだして、車の外に出てみる。相変わらず富士山は雲の中である。とりあえず4時過ぎまで田貫湖で粘るも、富士山は顔を出さず仕舞いで、諦めて力芝のポイントに移動した。
 移動している間に、なんと富士山がしっかりと見えているではないか。ちょっと信じられない思いで撮影支度をする。
雲は多めだが、ちょうど東側を遮っているためか、あまり焼けてこない。ほんの一瞬だけ富士山の周りが色付いた。
d0155021_18290904.jpg
d0155021_18291265.jpg
 力芝は逆光でキラキラと輝くが、生憎太陽は顔を出さずで金色に光る力芝はお預けとなってしまったが、これはこれでいいかなと思う。
 すっかり明るくなった様子を撮影してから帰途についた。
d0155021_18290194.jpg


[PR]
by umineko314 | 2017-10-08 18:43 | 富士山 | Comments(0)

渡りの季節②ー9月20、21日

《9月20、21日ー白樺峠》
 この時期は休みと天候がうまく合わなければ、なかなか遠出はできない。昨年はほとんど行けなかったこともあって、今年はなんとか一度は遠出しようと考えていたら、運良く台風が過ぎて好天が続きそうな気配。本当は新潟方面へ下見も兼ねて行く予定だったのだが、前線の影響で長野方面の方が良さそうだったので、白樺峠に出陣した。平日なので、渋滞を避けて前日の夜に出発。途中で仮眠して現地には結構早く到着した。
 初日はいまいちな天候だったので、鳥の出も良くなくて、しかも寝不足だったのでとても疲れた。今年はホシガラスが多い。冬に向けて貯食をしているのだろう、結構頻繁に出現する。ただ、猛禽とは反対の方向が多く、写真は後ろ姿が多くて話にならずであった。肝心の猛禽は数も距離も散々であった。2時を過ぎるとにわかに曇り始めたのを潮に撤収と相なった。前日が二千羽ほど飛んでいるのに今日はあまりにひどい。翌日に期待である。
 翌日はかなりいい天気で期待に胸が膨らむ。平日にもかかわらずかなりの人数がいる。毎日が日曜日の人たちなのだろうか。羨ましい。
昨日よりは明らかに出現個体は多い。しかし天気が良いので結構高い。500mm単体ではかなり厳しい距離だ。それでもサシバやハチクマが時折近くを通過する。
d0155021_12454151.jpg
d0155021_12444887.jpg

d0155021_12455302.jpg
結構近くに来てくれたハチクマ。本日一番のヒットである。
d0155021_12460004.jpg
写真はいまいちなものが多く、成果はあまりなかったのだが、秋の高原は気持ち良くのんびり過ごすことができて、それだけでも心が洗われる思いだ。




[PR]
by umineko314 | 2017-10-02 12:52 | 野鳥 | Comments(0)

渡りの季節ー9月10日

《9月10日ー中間平》
 とにかく残暑の厳しい日だった。
シギチにしようか猛禽にしようか迷った挙句、昨年は行きそびれた中間平に行ってみることにした。一昨年はとても良い思いをしたので、まだ時期が早いにもかかわらず大きな期待を胸に出発したのだった。
天気はすこぶる良く、日差しはまだまだ夏のそれであった。7時くらいに到着し手持ちでスタンバイ。
時折、遠くをサシバらしき猛禽が飛ぶ、ハチクマも見られたのだが、とても写真にできる距離ではない。酷暑の中、用意したノンアルコールビールを飲み飲み観察を続ける。
と、渡りの途中らしきノビタキ、チョウゲンボウが出現。
テレコンとの相性が悪くピンが来ていないが、一応証拠写真を(どうやら調整に出さないといけないみたいだ)
d0155021_12235494.jpg

d0155021_12241060.jpg

d0155021_12243636.jpg

d0155021_1224534.jpg

後はトビやノスリなどがみられた程度であった。
天気が良かったせいか、鳥よりも人の方が多かったようだ。

[PR]
by umineko314 | 2017-10-02 12:27 | 野鳥 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧