View in mind

タグ:ノビタキ ( 3 ) タグの人気記事

春の高原

 天気の良い日は、そろそろ暑くなりかけた都会を離れ、爽やかな高原へと足が向く。今まさに高原は春真っ盛り。天気も上々で、まず長野のいつもの高原を訪れた。
 春の心地よい風が高原を吹き渡り、清々しい気分にさせてくれる。
 高原のそこここでカッコウの声が響き渡り、八ヶ岳が青空の中くっきりと浮かんでいた。
 花の咲いた形の良い大きな木があったので、八ヶ岳をバックに撮ってみた。木の名前はよくわからないが、とても絵になる光景だった。
d0155021_23193474.jpg

d0155021_23214463.jpg

d0155021_2330947.jpg

その他モズやコムクドリ、ヒバリ、ホオアカ、ノスリなどが見られたが、写真は撮れずでもう一つの目的地に急いだ。
 前回訪れた時はGWだったため、少し時期をずらして訪れてみようと思っていた。
 しかし、到着時間が9時を過ぎ鳥は少なめ。前回見られたコマドリは見られなかったが、鳥の声は結構たくさん聞かれた。もっと早く来ていればたくさん見られたのではないかと少々残念だ。
 写真はほとんど撮れなかったが、唯一撮れたのがコルリ。日陰で色が出ないが出会えただけでも嬉しい。
d0155021_23295070.jpg

その他声のみも含めて、ウグイス、コガラ、ゴジュウカラ、エゾムシクイ、メボソムシクイ、センダイムシクイ、カワガラス、ミソサザイ、キセキレイ、オオルリなどが見られたが、前回たくさん見られたキビタキが全くいなかったのが意外だった。
 鳥の声をBGMに、ミツバツツジの群生や新緑鮮やかな景色を見ているだけでも心が洗われ、よい休日となった。


[PR]
by umineko314 | 2015-05-18 23:43 | 野鳥 | Comments(0)

高原の鳥ーノビタキ

 今年もノビタキの元気な姿をあちらこちらで見かけた。高原を代表する鳥はたくさんいるが、私はこのノビタキを一番に挙げたい。他の鳥、例えばカッコウやホオアカなどは案外と観察しにくいが、ノビタキはあまり人を怖がらないし、縄張りも狭いから近くでじっくり見ることができる。
 
 今回もたくさんのノビタキと出会えた。ちょっと引き気味に写してみた。
 バックに菜の花が咲いていて春らしい写真になった。
d0155021_1463645.jpg

d0155021_1484055.jpg

d0155021_1491539.jpg

 雌が大きな毛虫を見つけたのはいいが、大きすぎて持て余していた。
d0155021_1514896.jpg


 渋滞を避けるため、午後一時過ぎには現地を出たのだが、それでも小仏トンネルで10キロ前後の渋滞に捕まってしまった。ただ、ぴたっと停まってしまうほどではなく何とか早めに帰宅できた。


[PR]
by umineko314 | 2012-06-01 01:59 | 野鳥 | Comments(0)

梅雨の合間に高原へ

 6月というのに都会でも結構寒く、衣替えの季節とはいえ半袖にする勇気が出ない。でもそれは歳のせいもあるかもしれない。昔に比べ明らかに発汗量は減っているような気がするし暑さの感じ方も鈍くなっている気がする。このまま枯れていくのであろうか(笑)

 閑話休題。天気予報では高原方面は天気が良さそうだったので夜行日帰りで長野の高原に出かけてみた。予想に反しかなり肌寒い。天気も薄曇りで風が冷たく、加えて朝から鼻水が止まらない。

 高原に入りまず出迎えてくれたのがノビタキ夫婦。まだペアになって新居を構えたばかりの雰囲気。そこかしこで見られた。
d0155021_10522281.jpg

d0155021_10523641.jpg

 畑のあぜ道を流していると、デコイのようなジシギを見つけた。しばらく観察していると「ズビーヤク、ズビーヤク」と鳴き出して、オオジシギだと判明。ディスプレイまで見せてくれれば嬉しいのだがそれは叶わなかった。
d0155021_1055581.jpg

 高原と言えばホオアカを忘れてはいけない。2個体以上はいたが、かなり距離があって撮影は厳しかったので記念写真程度に。ついでにホオジロも元気よくさえずっていた。
d0155021_1143051.jpg

d0155021_11181074.jpg

 しばらく人のいない外れの畑で車から観察していると、ヒバリやノビタキ、イワツバメの乱舞などが見られ見ていて飽きない。イワツバメは車の中からだったのでとても追えずボケボケだが、一応記録として。
d0155021_117617.jpg

d0155021_1172272.jpg

 ノビタキの雌も近くにやって来てポーズをとってくれた。
d0155021_119299.jpg

 高原と言えば杜鵑類や赤いモズなども期待したのだがそれは次回に持ち越しとなった。実は今回の狙いはアカモズ探しだった。毎年探しているがなかなか出会えない鳥の一つである。今回も残念ながら成果はなかった。う〜ん、いつかは見てみたい。
 「ちょっと、あんた、赤い子見かけなかった?」
「ぎちぎちぎち、この辺じゃ見かけないなぁ、ぎち」
d0155021_11135923.jpg

 撮影は物足りないが、かなりの種類が見られ鳥影はかなり濃かった。全部で20種以上は確認できただろうか。もう一度機会があれば訪れたいところである。
最後にノビタキのいる風景を。
d0155021_11183238.jpg


 
[PR]
by umineko314 | 2011-06-16 11:23 | 野鳥 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧