View in mind

タグ:ハチクマ ( 4 ) タグの人気記事

渡りの季節②ー9月20、21日

《9月20、21日ー白樺峠》
 この時期は休みと天候がうまく合わなければ、なかなか遠出はできない。昨年はほとんど行けなかったこともあって、今年はなんとか一度は遠出しようと考えていたら、運良く台風が過ぎて好天が続きそうな気配。本当は新潟方面へ下見も兼ねて行く予定だったのだが、前線の影響で長野方面の方が良さそうだったので、白樺峠に出陣した。平日なので、渋滞を避けて前日の夜に出発。途中で仮眠して現地には結構早く到着した。
 初日はいまいちな天候だったので、鳥の出も良くなくて、しかも寝不足だったのでとても疲れた。今年はホシガラスが多い。冬に向けて貯食をしているのだろう、結構頻繁に出現する。ただ、猛禽とは反対の方向が多く、写真は後ろ姿が多くて話にならずであった。肝心の猛禽は数も距離も散々であった。2時を過ぎるとにわかに曇り始めたのを潮に撤収と相なった。前日が二千羽ほど飛んでいるのに今日はあまりにひどい。翌日に期待である。
 翌日はかなりいい天気で期待に胸が膨らむ。平日にもかかわらずかなりの人数がいる。毎日が日曜日の人たちなのだろうか。羨ましい。
昨日よりは明らかに出現個体は多い。しかし天気が良いので結構高い。500mm単体ではかなり厳しい距離だ。それでもサシバやハチクマが時折近くを通過する。
d0155021_12454151.jpg
d0155021_12444887.jpg

d0155021_12455302.jpg
結構近くに来てくれたハチクマ。本日一番のヒットである。
d0155021_12460004.jpg
写真はいまいちなものが多く、成果はあまりなかったのだが、秋の高原は気持ち良くのんびり過ごすことができて、それだけでも心が洗われる思いだ。




[PR]
by umineko314 | 2017-10-02 12:52 | 野鳥 | Comments(0)

猛禽シーズン開幕ー9月14日

 久しぶりの猛禽撮影。他の場所の下見をして行ったため到着が遅れたけれど、到着するなりサシバが登場し、オオタカの幼鳥と成鳥、ハチクマ、ハヤブサ、ノスリ、アオバト、イワツバメなどの鳥が見られた。
 午後は雲が多くなり、写真的には厳しい条件だった。
d0155021_10552055.jpg

d0155021_1055554.jpg
d0155021_10554084.jpg

d0155021_10573560.jpg
d0155021_1057983.jpg

d0155021_10574998.jpg

 鳥がシルエットになって、識別が難しく、アオバトだと思って撮ったらドバトだった…なんてことも(笑)ともあれ、地元の鳥好きさんたちと鳥談義しながらとても楽しく過ごせました。お世話になったみなさん、ありがとうございます。



[PR]
by umineko314 | 2015-09-15 11:01 | 野鳥 | Comments(2)

秋の鷹見ー9月21日、22日

 6月末に手首を骨折して以来2ヶ月はカメラを手にすることがなかったが、9月の鷹見には何とか間に合った。ここ、白樺峠は三脚で撮っている方も多いのだが、私はいつも手持ち撮影と決めている。ようやく傷も癒え(9割くらいだが)何とか大砲を支えることができるようになった。しかし、毎度のことだが撮影は難しく、遠くだと撮ってもボケ写真を量産するだけなので、近くに来た時だけ狙うことにしている。だから、いつも同じような写真になってしまう。
  前日の土曜日は2000羽くらい飛んだらしく、日曜も期待できそうだった。天気は上々で、はじめ台風の影響を心配していたのが嘘のような上天気だ。日中はかなり暑いが日が陰るといつもよりも寒く感じる。そういえば、今年は夏が短かったように感じる。
  伊良湖だと幼鳥が圧倒的に多いのだが、ここはハチクマやサシバの成鳥が多く見られるのが嬉しい。
d0155021_22522268.jpg
d0155021_22521414.jpg
d0155021_2252583.jpg
d0155021_22515251.jpg

d0155021_22532660.jpg

 暗色型はサシバにもハチクマにも見られるが、中途半端なものもいてよく分からない。
d0155021_22531160.jpg

d0155021_22525145.jpg

d0155021_2254309.jpg

d0155021_22545894.jpg

d0155021_22551389.jpg

  自分たちのいる真上を渡っているにもかかわらず、裸眼では確認できないほど遠くの青空の中をまるで川の流れのように流れとんでいたため、写真には撮れなかった。また、大きな高柱も数回程度だった。
   2日目は、昨日よりもぐんと数は減ったが、結構近くを飛んでくれたので良かった。3時を過ぎて、そろそろ撤収…という段になって結構良いのが来たりする。後ろ髪を引かれつつカメラを仕舞い、帰りかけたとき、ツミが真上にやって来た。慌ててカメラをセットしてかろうじて撮ることができた。
d0155021_23434100.jpg


 その他、アオバトやハリオアマツバメ、イワツバメ、カケス、オオタカ、クマタカなども現れたがうまく撮影できず残念な結果となった。もう少し腕とカメラを磨かないといけないと感じた。
 


[PR]
by umineko314 | 2014-09-29 23:13 | 野鳥 | Comments(0)

今年の白樺峠

 9月24日(土)午前中にオオチドリを撮り、午後から仕事をして23時くらいに帰宅。すぐに風呂と食事を済まして今度は白樺峠へ向かう。かなりのハードスケジュールに体はへとへと。しかし鳥は待ってくれない。
 今年は9月の中旬に台風等で天候が悪く、鷹の出も例年よりもかなり少なめだった。久しぶりに晴れる土曜がピークになるとは分かっていたが仕事の都合でどうしても行けない。多少少なくなっても日曜なら少しは見られるだろう、と急いで中央高を走った。到着は日曜の10時半ころ。前日は5千羽を超える渡りがあり今日は在庫処分といった雰囲気。ほとんどの人が昨日のピークを見ているので余裕の表情。今日は午前9時くらいまでは結構出ていたとのこと。まぁ仕方がない。とりあえずカメラをセットして待ってみる。昨日はかなり寒かったらしいが今日はそれほどでもない。時折秋の山らしい風がふき、天気は曇ったり晴れたり落ち着きがない。鷹の出もよくなくて何回か鷹柱は見られたけれど、ほとんどの鳥が遠い。
d0155021_0544212.jpg

たまに近づいてくる鷹を狙ってレンズを向けるが…思うようには近づいてこない。
d0155021_0555112.jpg

そうこうしているうちに3時を過ぎ、連休で堪能した人たちはもう満足といった表情で三々五々帰っていく。
 とそこへ一羽のハチクマが近づいて来た。あわててカメラを担ぎファインダーを覗く。ピントがなかなか合わない。直線的にこちらに向かってくる…
d0155021_057690.jpg

至近距離まで来て目の前で急旋回してくれた…
d0155021_05895.jpg

d0155021_0585678.jpg

今回は本当にこれだけしか収穫がなかった。

 翌日、あまり期待できないにも関わらず「天気が悪い方が低く飛んでいいんだ」と自分を慰めつつ峠に急いだ。早朝の峠は雲海が見られ鳥を見るにはよくないが、風景としては墨絵のような山並みが綺麗で思わずシャッターを切る。
d0155021_19232.jpg

d0155021_194672.jpg

 午後1時まで粘ってみたものの鷹そのものの数が少なく、一面の雲はついに晴れることはなかった。また来年だね。昨日のハチクマ君に感謝しつつ帰途についた。

★NIKON D700+Nikkor500mmVR2 写真はトリミングしています。
★風景はPENTAX K-5+FA31mmF1.8limited
[PR]
by umineko314 | 2011-10-03 01:18 | 野鳥 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧