View in mind

タグ:富士山 ( 13 ) タグの人気記事

秋富士

 秋の富士山が撮りたくてプチ登山を計画。当初、雁ヶ腹摺山を計画していたのだが、予定を変更して大蔵高丸に登ることにした。先日の台風で一旦は富士山が冠雪したのだが、ここ数日の暖かさで雪が溶けてしまったのは残念だ。
 夜明け前に湯の沢峠に到着し、ヘッドランプの明かりを頼りに山道を登ること約30分。体が温まる頃に到着。
 着いてみると山の東側が早くも朝焼けし始めている。
d0155021_23224299.jpg
d0155021_23230384.jpg
 顔を90度右に向けると富士山が大きく鎮座している。今日はとても良い天気である。
d0155021_23224687.jpg
d0155021_23224823.jpg
d0155021_23231292.jpg
 さらに右に90度向くと、南アルプスが見渡せる。今日は雲海も出てとてもいい感じ。南アルプスもまだ雪化粧ではなく少し迫力に欠けてしまうが見応えは十分である。
d0155021_23223831.jpg
 一緒に撮影されていた方といろいろ話をしながら撮っていると、あっという間に日が昇り、今日の撮影は終了。

 ここは鹿や人から植物を守るため登山道に柵が巡らされていて、それが画面に写り込んでしまうのが残念。また上の写真にあるように、鉄塔がせっかくの絶景を台無しにしている。もう少し景観を考えて欲しいと思う。来る途中の林道からもとても写真に撮りたい雰囲気の場所があったが、そこもドーンと富士山の前に鉄塔がありせっかく良い構図なだけにとても残念に思った。電柱や鉄塔はなんとかならないものだろうか。未来に向けて考えて欲しいところである。







[PR]
by umineko314 | 2017-11-02 23:47 | 富士山 | Comments(0)

葉山より富士山を望むー10月26日

 神奈川の山が紹介されている本を読んでいて、偶然見つけた仙元山というところ。富士山と江ノ島が見渡せる良い雰囲気なのだが、意外と訪れている人は少なく、とにかく一度行ってみようということになった。折良く天気も良さげで期待できそうだ。
 事前調査で駐車場がないということだったので、葉山元町のコインパーキングに停めることにした。
 まずは駐車場から教会へ向かう。ここまでかなり急な舗装道路を歩く。もしかするとルートの中で一番急かもしれない。
写真の左のガードレールのところから山道となる。
d0155021_00233220.jpg
 しばらく樹林の中を歩くと、いきなり視界が開ける。私の嫌いなコンクリートの階段が登場するが、結構雨にえぐられていて歩きにくい。
d0155021_00232723.jpg
 約20分の歩行で展望台に到着。大きなイブキの木が目印だ。
d0155021_00232218.jpg
 ここからは眼下にきらめく相模湾、江ノ島、そして朧げながら富士山が望まれる。10月はまだ関東から富士山を眺めるには条件的に厳しい。思った通り富士山は霞んでいる。だが、よく見るとかすかに稜線を見ることができる。陽が沈めばきっとシルエットになってくれるだろうと期待しつつ待機。
d0155021_00231883.jpg

d0155021_00231619.jpg
夕日は結構感動ものだ。富士山も顔を出してくれた。
d0155021_00230677.jpg
さて、ここからがトワイライトタイムである。日没後のなんとも言えない情景に思わず息を飲む。
d0155021_00231341.jpg

d0155021_00231012.jpg
 葉山の夜景は光量は少なめだが、それでもなんとか夜景っぽくなった。
d0155021_00450641.jpg
d0155021_00450495.jpg
 たっぷり陽が暮れて、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに山道を下る。冬になればもっと富士山もくっきりと見えるのだろう。また来てみたいと思わせる場所だ。登山道がもっと整備されれば一般の人も来られるだろうと思う。










[PR]
by umineko314 | 2017-10-30 00:53 | 富士山 | Comments(0)

力芝と富士山ー10月4日5日

 鳥の渡りも一段落して、久しぶりに富士山を見たくなった。折しも力芝が見頃の季節。紅葉には少し早いので、6月の撮影ですっかり気に入った田貫湖に朝焼けを期待して出かけてみた。早朝狙いのため昼過ぎに出て、力芝のポイントを下見してから田貫湖に向かった。到着と同時にずっと見えていなかった富士山がひょっこり顔を出していたので、慌ててカメラを出して撮影。
d0155021_18291584.jpg
そのあとすぐに雲の中へ消えてしまったのだが、夕日に照らされた夏富士の一瞬をなんとか撮ることができた。

 午前3時くらいに起きだして、車の外に出てみる。相変わらず富士山は雲の中である。とりあえず4時過ぎまで田貫湖で粘るも、富士山は顔を出さず仕舞いで、諦めて力芝のポイントに移動した。
 移動している間に、なんと富士山がしっかりと見えているではないか。ちょっと信じられない思いで撮影支度をする。
雲は多めだが、ちょうど東側を遮っているためか、あまり焼けてこない。ほんの一瞬だけ富士山の周りが色付いた。
d0155021_18290904.jpg
d0155021_18291265.jpg
 力芝は逆光でキラキラと輝くが、生憎太陽は顔を出さずで金色に光る力芝はお預けとなってしまったが、これはこれでいいかなと思う。
 すっかり明るくなった様子を撮影してから帰途についた。
d0155021_18290194.jpg


[PR]
by umineko314 | 2017-10-08 18:43 | 富士山 | Comments(0)

定番富士風景ー4月26日

 茶畑の向こうに富士山、いかにも日本的というか静岡的な風景だ。茶摘みのお姉さんが写っていたらなお良かったのだが、それはなかなか難しい。茶摘みをしてしまうと新茶が摘み取られてしまうため、グリーンが少しくすんでしまう。ここでは綺麗な新芽があるうちに撮るのがいいようだ。だから時期的にGW前となる。天気が良くて休み…となると、仕事を持っているとなかなか難しい。
 平日なので前日の夜に都内を抜けて途中で車中泊し、朝一番で現地入りした。平日だけれどさすがに有名なスポットなだけあって常時10人くらいは撮影しているといった盛況ぶりだ。GWだと相当な人出だろうと想像する。
d0155021_10152636.jpg

d0155021_10153824.jpg

d0155021_10154992.jpg

 撮影は1時間もかからず終了したので、次にどこに行こうか迷ったのだが、山中湖ならまだ桜が散らずに残っているかもしれないと思い、足を伸ばしてみることにした。
d0155021_10175063.jpg

枝垂れ桃が綺麗に咲いていたのでコラボってみた。
d0155021_10182386.jpg

ここで飼われている?コブハクチョウが2羽いて、なんと卵を産んでいた。その近くでハクチョウの攻撃を受けながら富士山をバックに撮影。
d0155021_10195246.jpg

さらに高座山の中腹まで移動して新緑と富士を狙ってみたが、いまいちな出来だった。
d0155021_10211194.jpg

これから田植えの時期を迎えるが、水田と富士なども狙ってみたい景色である。また、今年は鯉のぼりが中止となったようでとても残念だ。芝桜と富士なども撮りたいと思うけれど他にも行きたいところがたくさんあってどうなるかわからないが、ゆっくりじっくり撮っていきたいと思う。


[PR]
by umineko314 | 2016-05-02 10:28 | 富士山 | Comments(0)

関宿城と富士山−1月25日

 定番ではあるが、以前より気になっていた関宿城と富士山のコラボを撮りに出かけた。場所は茨城県の境町の利根川の土手である。
 富士山と絡めた写真はたくさんあるけれど、和風な雰囲気の写真は意外と少ないようだ。しかも夜景となるとかなり難しい。よく見かけるのは富士吉田市の浅間神社の塔と富士山のコラボである。しかし浅間神社は関宿城のようにライトアップはしていないので、あくまで昼間の撮影となる。
 ここは富士山まで少し距離があるので、かなり空気が澄んでいないと綺麗な写真は望めない。たまたま前日に近くを通り、風が強く空気が澄んでいたのでこれはチャンスとばかりに出かけたのだった。
 月曜日は博物館が休みのため、通常城のライトアップはしていないとHPには書いてあったので心配していたのだが、冬場のサービスなのだろう、しっかりとライトアップしてくれて助かった。
この日は特に夕焼けが綺麗で、橙色に染まった空と富士山やお城の姿がよくマッチして、いつまでも美しい情景に見とれていた。これほど見事な夕焼けを見るのはいつ以来だろう。 ギャラリーは15人ほどいただろうか。皆、思い思いに無言でシャッターを切っていた。
d0155021_18263365.jpg

ライトアップは約30分間だった。ライトが消えた後の余韻も素敵で、土手から降りたところでもう一枚撮ってみた。
d0155021_18274248.jpg

境町は距離的いは近いが、高速道路を使うと行きにくい。結局一般道を通ったため思いの外時間がかかってしまったけれど、良い写真が撮れれば言うことなしである。



[PR]
by umineko314 | 2016-02-15 18:41 | 夜景・風景 | Comments(0)

横須賀市から富士山ー12月7日

 天気予報では晴れの予報で、静岡も山梨も晴れと出ていたので、今日は大丈夫だろうと思っていた。天気予報で言うところの晴れの定義は、雲量が2〜8割までだから、たとえ青空が2割しかなくても晴れなのだ。で、今日はというと、高速に乗ってみたら案外と雲が多い。また、遠くも少し霞んでいて、とても冬の澄み切った青空という雰囲気はない。でも、高速に乗ってしまったし、まっいいか、と現地まで行ってみることにした。
 案の定、日没前は雲が多く、かすかに富士山が見える程度で、う〜ん、だめかなと思いつつカメラをセットし待機。
d0155021_22214556.jpg

 今日の日没は4時半頃。このまま夕闇に沈んでしまうのか、と思いきや、結構空が焼けてきたではないか。う〜ん、いい感じ。なんか得した気分でシャーッターを切りまくり。
ほとんど同じ構図なのでつまらないが、空が焼けたおかげで雰囲気のある写真が撮れた。雲ひとつない青空の夕景も素敵だが、今回のように雲がいい働きをしてくれることも結構ある。やはり、行ってみないとわからないものだ。
d0155021_22252615.jpg

d0155021_22253844.jpg

周りが暗くなると、夜景が一層美しくなる。この時間帯も捨て難い。
d0155021_22255856.jpg

 初めの予想をいい意味で裏切ってくれてラッキーな1日だった。


[PR]
by umineko314 | 2015-12-07 22:29 | 夜景・風景 | Comments(0)

大観山〜西伊豆 富士山めぐりー2月16日

 月曜は天気が良さそうだったので、暖かくなる前に富士山を見ておこうと思い立った。
 大観山は雲海で有名だが、今回は朝焼けの富士山狙いで夜中に出発。前日に降雪があれば雰囲気のある写真になるのだが、こればかりはどうしようもない。月曜だからか展望台には誰もおらず独り占めである。夜明け前のブルーな雰囲気から太陽が顔を出すと薄紅色に輝きだした富士山。しかし、思ったよりも紅くならずやや拍子抜けしてしまった。
d0155021_1029391.jpg

d0155021_10295835.jpg

 早々に撮影を終えて山を下る。沼津市の公園で仮眠してから西伊豆に向かった。次の目的地は発端丈山だ。前回、富士山が雲隠れしてしまい再チャレンジしないといけないと思っていた。それ以外にも西伊豆は富士山絶景スポットが多く見てみたかったところだ。
 夕方にはまだ早いため海岸線を大瀬崎に向かう。三津を過ぎてしばらく行くと、突然素晴らしい景色が目に飛び込んできた。
d0155021_1038378.jpg

  さらに南下してみる。海の中の石がアクセントになって面白い。
d0155021_10415180.jpg

 大瀬崎まで行ってUターン。ちょうどよい時間だ。
 ロケハンを済ませて、少し早いが林道を登ること20分。2月なのでかなり厚着をしてきたのだが、小春日和の暖かさでかなり汗だくになった。しかし、そんな不快な思いを吹き飛ばすような素晴らしい光景が目の前に広がっていた。まさしく絶景にふさわしい。
d0155021_10455715.jpg

富士山と淡島がまるで親子みたいに寄り添っている。
d0155021_10464672.jpg

そして夜。待ちに待った瞬間が訪れた。
d0155021_10472873.jpg


 前回はイノシシに脅かされたが、今回は近くにいなかったようだ。暗いヘッドランプの明かりを頼りに山を下った。



[PR]
by umineko314 | 2015-02-19 10:54 | 富士山 | Comments(0)

発端丈山から富士山ー12月8日

 前から行こうと思っていて行けていない場所の一つが発端丈山だった。まずは富士山が見えないことには行けないし、他の静岡県のスポットもほとんどが富士山がらみなので天気に左右される。今回は天気に恵まれ、多少暖かかったがライブカメラでも富士山が綺麗に見えていたので行ってみることにした。
 初めて行く場所、特に今回のように登山を強いられるところはロケハンもしておく必要があるので、結構早めに家を出た。ところが、東名で事故による通行止に会いやむなく小田原厚木道路に迂回する羽目になった。そうしたらこちらが工事のためにかなりの渋滞があるというナビのお告げに従い、大磯で降りて西湘バイパスに入り箱根を越えた。ロスが多くて到着したのは結局2時半頃。駐車場を探したり色々やっているうちに時間が経ち、登山開始は3時前となった。
 ポイントに着くまでに40分ほどかかり、やっとこさセッテイング。ロケハンはできなかったが時間的にはちょうどよいタイミングとなった。
 登り始める前までは。三津の海岸から淡島越しに富士山がくっきりと浮かんでいたのだが、ポイントに着く頃には雲がかかってしまいすこしがっかりである。
d0155021_10355981.jpg

日が暮れるに連れさらに雲が多くなり、空の色がくすんでしまった。
d0155021_10381648.jpg


 登り口は2ヶ所あるが、今回は長浜口を選んだ。何れにしても登山道は細くほぼ直登しているので急なことこのうえない。ぬかるんでいるところもあり、ロープが張られている箇所もあるといった具合で、日頃の運動不足がこたえる登山だった。特に下りは要注意で、ヘッドランプの明かりでは結構厳しい山道である。
 また、撮影中イノシシの声、豚のようなブヒブヒという鼻声が間近で聞こえるというハプニンングもあった。遭遇こそしなかったが声はかなり近くて恐らく10m以内にヤツはいたのではないだろうか。
 今回は偶然お会いした方と一緒に楽しく撮影ができたのでよかったが、イノシシがいなくても夜中の山はやっぱり不気味なものだから一人だと気が滅入るかもれない。そんなこんなで大変な撮影だった割には大した写真が撮れなかったなあ。




[PR]
by umineko314 | 2014-12-11 10:57 | 夜景・風景 | Comments(0)

八王子山(白山)ー10月27日

 甲府夜景を撮りたくて八王子山、別名白山を訪れた。千代田湖畔の低い山で湖から歩いて10分ほどで白い岩の展望台?に着く。近くには見晴し台というスポットがあるが、そこよりも標高が高い分俯瞰夜景が楽しめる。展望台の雰囲気はこんな感じ。
d0155021_23585820.jpg

下が白いので白山という名前になったのだと思われる。ここからの景色は絶品で、自分の中ではかなりお気に入りとなった。
d0155021_021369.jpg

富士山もかなり大きく見える。
d0155021_024660.jpg

やがて日が沈み夜の甲府の街灯りが煌めきだす。
d0155021_04569.jpg

d0155021_042469.jpg

カメラを富士山から右に振ると、素敵な光の絨毯が敷かれていた…
d0155021_052290.jpg

PENTAX K-5 + 50mm,21mm で撮影

[PR]
by umineko314 | 2014-10-28 00:08 | 夜景・風景 | Comments(2)

晴天の達磨山

 40年前、一枚の写真が海を渡った。アメリカで大絶賛を受けたその写真はここから撮られたものだった…という訳で、行ってみたくなり天気がよい日を待って出かけてみた。
 昼間は凛とした富士の姿と、日本的な柔らかい駿河湾の輪郭がすばらしい調和を見せてくれる。
d0155021_22434396.jpg

 日が沈む頃、ひとしきり富士の頂上が赤く輝いた。
d0155021_22415512.jpg

 昼と夜の境目、沼津の街に灯が灯る。
d0155021_22442628.jpg

 しばし見とれながら、誰もいない展望台でシャッターの音だけが響き渡った…



[PR]
by umineko314 | 2013-02-04 22:46 | 夜景・風景 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧