View in mind

念願叶い…最高の風景ー2月7日

 もう10年ほどになるだろうか、SNSで知り合った方が撮られた1枚の写真に釘付けとなったことがある。圧倒的な夜景の広がりと、その奥に凛としてそびえる黎明の富士。強烈なインパクトだった。
 あれから10年、ずっと心の片隅にその風景があって、いつかは撮ってみたい…と思っていた。それがついに叶い、しかも最高の天気に恵まれて久しぶりに心高ぶる1日となった。
 場所は静岡県駿河区小坂の朝鮮岩である。知る人ぞ知る静岡随一の夜景スポットだ。静岡県はたくさん夜景スポットがあるが、ここはその中でも格別だろう。夜景だけでなく富士山が見られるからだ。夜景そのものも好きだが、そこに富士山が絡むとぐっと格調が高くなる気がする。やはり富士山という山は特別なオーラを出しているように思われ、古代より霊峰と言われ信仰の対象になってきたのもわかる気がする。
 朝鮮岩は満願峰から連なる稜線の端である。いくつかルートはあるが、今回は最短ルートを取ることにした。
 入り口を2時45分に出発し稜線まで7分、そこから急登が続き、一旦下ってまた急登で結構歩きにくい。最後は急な下りで崖の突端のスペースに到着。ここが朝鮮岩である。到着は3時10分頃。約25分の登山である。ほとんど寝ていないので結構きつい。
 前日の昼過ぎに家を出発し、3時過ぎに現地入り。途中富士川SAで富士山を仰ぐ。
d0155021_01553260.jpg
これはスマホで撮影。富士山がくっきり見えて今日は天気が良さそうだ。下見を終えて今夜はどこで撮影しようかと考えながら車を走らせていたら、偶然富士山が綺麗に見える場所を発見。今夜はここで撮影と決め込む。夕方、富士山が紅色に輝きなかなかいい雰囲気だ。
d0155021_01560925.jpg
東名高速がすぐ横を通っているので、光跡を入れて撮影してみる。なかなかいい雰囲気だ。
d0155021_01561280.jpg
 道の駅で仮眠したのだが、結構寒い。今年は特に強い寒波が襲来していて、温暖な静岡でもかなりの寒さである。寒いのでコーヒーでも飲もうとコンビニによりつつ現地に向かう。
 朝鮮岩は切り立った崖の上にある。ちょうど相撲の土俵くらいの大きさの広場があって、そこに手作りの丸太のベンチが二脚あり夜景を見ながら休むことができる。
d0155021_01554098.jpg

d0155021_01555549.jpg
静岡市の夜景が見事に広がり、富士山もかすかに望まれた。
d0155021_01561562.jpg
 やがて夜明けが近くなり東の空が赤く染まり始める。
d0155021_01562067.jpg
 この雰囲気である。10年来抱き続けた風景が今ここにある。
d0155021_01563089.jpg
 夜が明けた後の雰囲気はこんな感じである。
d0155021_01560098.jpg
 4時頃下から登って来られた方がいて、一緒に撮影。一人だと寂しかったので楽しく撮影できた。聞くと40分以上かけて登って来られたとか。しかも道が悪く登りにくかったとのこと。やはり最短ルートの方が良かったようだ。

 *一緒に撮影されたMさん、ありがとうございました。おかげで楽しく撮影ができました。




[PR]
# by umineko314 | 2018-02-09 02:22 | 夜景・風景 | Comments(2)

国会議事堂と富士山ー1月25日

 以前、どこかで誰かが撮っていて気になっていた場所である。国会議事堂のライトアップと富士山という組み合わせは結構面白いと思っていたので行ってみることにした。
 連日寒い日が続いていて、関東でも数十年ぶりの寒波とこのと。なので結構厚着をして向かったのだが、室内なのでとにかく暑い。ここは丸ビルの35階の展望室。遠くに東京タワー、近くに皇居や国会議事堂、その後ろにどっしりと富士山が鎮座している。
夕焼けも綺麗で、写真を撮りに来る人が結構多い。事前にHPなどでも調べたが、特に三脚不可とは書いていなかったため、初めは三脚を出して撮っていた。ところが、赤い服を着た女性警備員が登場し、人様の迷惑になるから三脚は禁止だと言う。初めから書いていれば、こちらもそのつもりで準備したのに、と少し愚痴ったが、どこ吹く風で禁止の一点張り。全く融通が聞かない。というわけで三脚を外してカメラバッグに乗せて撮ったので、ピントや平行がシビアになった。
 
d0155021_16580826.jpg
d0155021_16581055.jpg
d0155021_16581370.jpg
夕焼け空のオレンジを出したかったので、今回はWBを晴れで撮ってみた。いつもはもう少し色温度を下げてブルーを強調するのだが、この方が暖かみが感じられていい感じになった。

[PR]
# by umineko314 | 2018-01-31 17:02 | 夜景・風景 | Comments(0)

ヤツガシラー2017年12月21日

 時間が前後するが、昨年の12月の話である。ヤツガシラが昨年に続いて今年も出ているとの情報を見て早速行ってみることにした。
 群馬県の某公園に到着すると、すでに午前中から見ている人たちで結構賑わっている。三脚をスタンバイするもカメラをのぞいている人はほとんどいない。午前中に一度出て以来、遠くに飛んで行ったきり戻ってきていないとのこと。気長に待つしかない。私が到着した11時ころから時間が経つにつれてどんどん人が増えてきた。夕方に出やすいという情報が流れているせいだろう。ざっと数えても100人はいるだろう。平日とは思えない盛況ぶりだ。
 ヤツガシラが戻ってくるまでの間、時折近くに来るシメやハクセキレイ、ジョウビタキ、アオサギなどを観察しながら本命を待つ。
d0155021_23355455.jpg

d0155021_23364179.jpg

d0155021_23370777.jpg

d0155021_23370124.jpg

d0155021_23370438.jpg

d0155021_23371156.jpg

3時ころ、突然の帰還。真打登場だ。初めは木に止まってすこし警戒気味。
d0155021_23523870.jpg

そのうちに、芝のところに降りて盛んに採餌に忙しく動き回り始めた。ヤツガシラの動きに合わせて100人のギャラリーが動く。まるでイワシの群れのようだ。
d0155021_23371485.jpg

d0155021_23372492.jpg

虫を捕まえて…
d0155021_23372741.jpg
見事に飲み込んだ!
d0155021_23373764.jpg

d0155021_23374168.jpg
名前の由来であるヤツガシラを見られたのは2回。1回目がこちら。
d0155021_23374535.jpg

d0155021_23391266.jpg

d0155021_23391965.jpg

2回目は見事に羽まで上げてくれた。これを最後に、遠くに行ってしまったが、とても上品で愛嬌のある野鳥であった。また来年も来るだろうか。









[PR]
# by umineko314 | 2018-01-18 23:58 | 野鳥 | Comments(0)

千葉県より富士山を望むー1月14日

 家から高速道路を使わずに行けるスポットが袖ケ浦海浜公園だ。地元千葉県から富士山を見ようとすると、相当空気が澄んでいないと難しいが、幸い、年が明けてから天気の状態がよく、これはチャンスとばかりに出かけて行った。日曜日なのでそれなりに混んではいたが、公園以外は特に何もないところなので、カメラマンは数名しかいなかった。今日は富士山がくっきり見えて十分期待できそうだ。
 陽が沈む位置が南寄りのため、ダイヤモンド富士は拝めない。3月くらいになればかなり富士山に近づくと思われるので、またそのころ狙ってみたいと思う。この場所は以前にも夕陽や入道雲とアクアラインを撮ったことがあるが、その時は展望台からの眺めであった。今回は駐車場からすぐの海に面したところから撮影した。

d0155021_23214471.jpg
いい感じで富士山がシルエットになってくれた。
d0155021_23214160.jpg
だんだんと辺りが暗くなり、東京湾アクアラインが輝きだした。
d0155021_23213951.jpg
d0155021_23213786.jpg
 近くの道路にはヤシの木が植えられていて、南国リゾートを思わせる雰囲気があり、デートスポットとしても若者の間で人気があるらしい。アクアラインも見えて富士山も堪能できるこの場所はお気に入りである。これからもちょくちょく訪れることになりそうだ。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by umineko314 | 2018-01-17 23:38 | 富士山 | Comments(0)

伊豆スカイラインー12月14日

 11月は久しぶりに風邪を引いたりして、歳のせいか治りも遅くやっと体調が戻ったところで、どこに行こうかと悩んだ末、前回の撮影で大失敗をした伊豆スカイラインを選択。前回撮った時、RAWで撮っているつもりが、最低画素数のjpeg設定になっていたので、全く使い物にならず、いつかリベンジしたいと思っていたのだった。
 スカイラインの前に、大根干しと富士山を狙って、いろいろ走り回ったけれど、なかなか思うようなロケーションに出会わず、そちらは次回の宿題となった。遠くまで行く時間がなかったので、スカイラインに戻って撮影開始。
 ちょうどパラグライダーが飛んでいたので、コラボしてみた。
d0155021_00181641.jpg
陽が傾いてきたころには、少し雲が出始めて少し残念な落日になってしまった。
d0155021_00181995.jpg
 駿河湾と夕陽、太陽が隠れていなければもっと素敵な風景になっただろう。
 沼津市の街明かりも徐々に輝きだした。
d0155021_00182423.jpg
強引に富士山と絡めてみたが、生憎、雲が出てきてしまい富士山が目立たなくなってしまった。
d0155021_00182231.jpg
最後に、もう一度沼津市の夜景と駿河湾。
d0155021_00182741.jpg
 冬場は行きたいところだらけで困ってしまうが、いろいろな条件が揃わないとよい写真は撮れない。同じ場所でも同じ条件は絶対にないので、また違った写真になるし、なかなかベストは写真は撮れないでいる。だから面白いし奥深いとも言える。また出かけてしまう所以である。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by umineko314 | 2017-12-22 00:35 | 夜景・風景 | Comments(0)



鳥と夜景とつれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧