View in mind

カテゴリ:夜景・風景( 51 )

2018年3月〜4月

 今年の花粉はひどかった。いつもなら3月初旬から中旬にかけて鼻が炎症を起こしてしまうのだが、今年は違った。2月の終わりから4月の上旬まで酷い状態が続き、アウトドア派の私さえ外に出るのが億劫なほどだった。なんでも、今年の花粉はPM2.5と黄砂などが混ざったハイブリッドだという説もあってとにかく鼻炎の薬浸けの毎日だった。
 そんな状態の中、それでも日帰りで出かけたりはしていた。ただ、思ったような成果が出なかったこともあり、花粉症もひどかったのでブログを更新する気力がなかっただけ。
 3月に行ったのは茨城県の涸沼である。ここはオオワシが飛来することでも有名だが、今回はダイヤモンド筑波山を狙ってみた。天気と休みの関係でドンピシャにはならなかったのは残念だが、夕日に沈む筑波山を撮ることができた。タムロンの70−200mmを使っているがフレアが発生してしまった。まともな逆光では厳しいか。
d0155021_13515812.jpg


次に訪れたのは木下沢梅園である。毎年3月の第二週が開放日なので行ってみた。まだ満開には程遠く、こちらも満足のいく写真にはならなかった。
d0155021_13502604.jpg

d0155021_13503287.jpg

d0155021_13503063.jpg


そのあと、桜の時期は近くの公園で桜と鳥を狙ったりした。
d0155021_13514368.jpg

d0155021_13514108.jpg

d0155021_13513672.jpg

d0155021_13513882.jpg

d0155021_13513356.jpg
4月に入って花と富士山を絡めて撮りたいと思い、下見も兼ねて御殿場へ出かけてみた。まだ菜の花が残っていたのはラッキーだった。ここも新しく道路が建設中で、数年後には景観がかなり変わってしまいそうで残念である。
d0155021_13512809.jpg

d0155021_13512684.jpg

なんとか人工物を隠して撮ってみたが、パッとしない。
そんなこんなで、結局思ったような写真が撮れていなかったので、GWに期待するしかなさそうだった。

[PR]
by umineko314 | 2018-05-10 14:03 | 夜景・風景 | Comments(0)

念願叶い…最高の風景ー2月7日

 もう10年ほどになるだろうか、SNSで知り合った方が撮られた1枚の写真に釘付けとなったことがある。圧倒的な夜景の広がりと、その奥に凛としてそびえる黎明の富士。強烈なインパクトだった。
 あれから10年、ずっと心の片隅にその風景があって、いつかは撮ってみたい…と思っていた。それがついに叶い、しかも最高の天気に恵まれて久しぶりに心高ぶる1日となった。
 場所は静岡県駿河区小坂の朝鮮岩である。知る人ぞ知る静岡随一の夜景スポットだ。静岡県はたくさん夜景スポットがあるが、ここはその中でも格別だろう。夜景だけでなく富士山が見られるからだ。夜景そのものも好きだが、そこに富士山が絡むとぐっと格調が高くなる気がする。やはり富士山という山は特別なオーラを出しているように思われ、古代より霊峰と言われ信仰の対象になってきたのもわかる気がする。
 朝鮮岩は満願峰から連なる稜線の端である。いくつかルートはあるが、今回は最短ルートを取ることにした。
 入り口を2時45分に出発し稜線まで7分、そこから急登が続き、一旦下ってまた急登で結構歩きにくい。最後は急な下りで崖の突端のスペースに到着。ここが朝鮮岩である。到着は3時10分頃。約25分の登山である。ほとんど寝ていないので結構きつい。
 前日の昼過ぎに家を出発し、3時過ぎに現地入り。途中富士川SAで富士山を仰ぐ。
d0155021_01553260.jpg
これはスマホで撮影。富士山がくっきり見えて今日は天気が良さそうだ。下見を終えて今夜はどこで撮影しようかと考えながら車を走らせていたら、偶然富士山が綺麗に見える場所を発見。今夜はここで撮影と決め込む。夕方、富士山が紅色に輝きなかなかいい雰囲気だ。
d0155021_01560925.jpg
東名高速がすぐ横を通っているので、光跡を入れて撮影してみる。なかなかいい雰囲気だ。
d0155021_01561280.jpg
 道の駅で仮眠したのだが、結構寒い。今年は特に強い寒波が襲来していて、温暖な静岡でもかなりの寒さである。寒いのでコーヒーでも飲もうとコンビニによりつつ現地に向かう。
 朝鮮岩は切り立った崖の上にある。ちょうど相撲の土俵くらいの大きさの広場があって、そこに手作りの丸太のベンチが二脚あり夜景を見ながら休むことができる。
d0155021_01554098.jpg

d0155021_01555549.jpg
静岡市の夜景が見事に広がり、富士山もかすかに望まれた。
d0155021_01561562.jpg
 やがて夜明けが近くなり東の空が赤く染まり始める。
d0155021_01562067.jpg
 この雰囲気である。10年来抱き続けた風景が今ここにある。
d0155021_01563089.jpg
 夜が明けた後の雰囲気はこんな感じである。
d0155021_01560098.jpg
 4時頃下から登って来られた方がいて、一緒に撮影。一人だと寂しかったので楽しく撮影できた。聞くと40分以上かけて登って来られたとか。しかも道が悪く登りにくかったとのこと。やはり最短ルートの方が良かったようだ。

 *一緒に撮影されたMさん、ありがとうございました。おかげで楽しく撮影ができました。




[PR]
by umineko314 | 2018-02-09 02:22 | 夜景・風景 | Comments(2)

国会議事堂と富士山ー1月25日

 以前、どこかで誰かが撮っていて気になっていた場所である。国会議事堂のライトアップと富士山という組み合わせは結構面白いと思っていたので行ってみることにした。
 連日寒い日が続いていて、関東でも数十年ぶりの寒波とこのと。なので結構厚着をして向かったのだが、室内なのでとにかく暑い。ここは丸ビルの35階の展望室。遠くに東京タワー、近くに皇居や国会議事堂、その後ろにどっしりと富士山が鎮座している。
夕焼けも綺麗で、写真を撮りに来る人が結構多い。事前にHPなどでも調べたが、特に三脚不可とは書いていなかったため、初めは三脚を出して撮っていた。ところが、赤い服を着た女性警備員が登場し、人様の迷惑になるから三脚は禁止だと言う。初めから書いていれば、こちらもそのつもりで準備したのに、と少し愚痴ったが、どこ吹く風で禁止の一点張り。全く融通が聞かない。というわけで三脚を外してカメラバッグに乗せて撮ったので、ピントや平行がシビアになった。
 
d0155021_16580826.jpg
d0155021_16581055.jpg
d0155021_16581370.jpg
夕焼け空のオレンジを出したかったので、今回はWBを晴れで撮ってみた。いつもはもう少し色温度を下げてブルーを強調するのだが、この方が暖かみが感じられていい感じになった。

[PR]
by umineko314 | 2018-01-31 17:02 | 夜景・風景 | Comments(0)

伊豆スカイラインー12月14日

 11月は久しぶりに風邪を引いたりして、歳のせいか治りも遅くやっと体調が戻ったところで、どこに行こうかと悩んだ末、前回の撮影で大失敗をした伊豆スカイラインを選択。前回撮った時、RAWで撮っているつもりが、最低画素数のjpeg設定になっていたので、全く使い物にならず、いつかリベンジしたいと思っていたのだった。
 スカイラインの前に、大根干しと富士山を狙って、いろいろ走り回ったけれど、なかなか思うようなロケーションに出会わず、そちらは次回の宿題となった。遠くまで行く時間がなかったので、スカイラインに戻って撮影開始。
 ちょうどパラグライダーが飛んでいたので、コラボしてみた。
d0155021_00181641.jpg
陽が傾いてきたころには、少し雲が出始めて少し残念な落日になってしまった。
d0155021_00181995.jpg
 駿河湾と夕陽、太陽が隠れていなければもっと素敵な風景になっただろう。
 沼津市の街明かりも徐々に輝きだした。
d0155021_00182423.jpg
強引に富士山と絡めてみたが、生憎、雲が出てきてしまい富士山が目立たなくなってしまった。
d0155021_00182231.jpg
最後に、もう一度沼津市の夜景と駿河湾。
d0155021_00182741.jpg
 冬場は行きたいところだらけで困ってしまうが、いろいろな条件が揃わないとよい写真は撮れない。同じ場所でも同じ条件は絶対にないので、また違った写真になるし、なかなかベストは写真は撮れないでいる。だから面白いし奥深いとも言える。また出かけてしまう所以である。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by umineko314 | 2017-12-22 00:35 | 夜景・風景 | Comments(0)

プチ夏休みー7月20日〜22日

 休みが取れたので少し遠出がしたくなった。この時期野鳥はあまり期待できないので、行ってみたかった白川郷に行ってみることにした。白川郷といえば、雪の中の合掌造りなどが魅力的だが、果たして夏はどうなのか不安があった。下調べで目的地を2箇所に絞ってみた。
 まずは定番の風景。ここはかん町の合掌造りである。よく写真に使われるところだ。手前の田んぼが青々として、いかにもこの時期らしい写真が撮れた。
d0155021_89468.jpg

次に向かったのは展望台である。白川郷が一望できる展望台でとてもいい感じである。白川郷は山間の集落なので、どうしても夕日や朝日の光線が差しにくい。夕景を撮ってみたものの、曇りの昼間とあまり変わらない感じである。
d0155021_8132669.jpg

d0155021_8134122.jpg

日も暮れて、肉眼ではかなり暗くて、集落が識別できないくらいの時間帯、夜景を狙ってみた。
d0155021_814423.jpg

光量は少なくかなり地味ではあるが、なかなか味のある風景だと思う。

 はじめは白川郷に2泊して白山の野鳥でもと考えてみたが、加賀の白山は車で行けるようなポイントが少ない。なので高山まで出て観光でもするか、ということになった。
 高山といえばみたらし団子。団子の聖地と言ってもいい所である。しかし天気に恵まれたのはいいのだが、あまりにも暑くてぶらぶら街を歩くにはあまりにも暑すぎた。とりあえず団子とかき氷を食べて宿に退散である。写真どころではなかった。
 あまりの暑さに辟易して、3日目は標高の高い所に行きたくなった。ここから行ける所といえば乗鞍である。ここならうまくすれば高山の野鳥や高山植物に出会えるはず。ということで翌朝早くに乗鞍に向かった。
 さすがに標高2700mである。空気はひんやりとしてとても気持ちいい。日差しは強いが湿気が少ないので快適だ。畳平のお花畑を散策してみる。野鳥はイワツバメがバス停近くの建物の壁で繁殖していて子育て真っ最中。茶色い山肌や青空を背に乱舞する光景はなかなか見ごたえがある。
d0155021_832044.jpg

期待したホシガラスや雷鳥は残念ながら見られなかったが、高山植物は見ごたえがあった。
ミヤマキンバイをはじめ、イワカガミ、アオノツガザクラ、クロユリ、ミヤマダイコンソウ、ウサギギク、ハクサンイチゲなどが咲き乱れ、別な場所ではコマクサが可憐な華を咲かせていた。
d0155021_8363711.jpg

d0155021_8365568.jpg

d0155021_8371371.jpg

 鳥やオコジョが見られなかったのは残念である。もう少し人の少ない所に行かないと難しいのかもしれない。今回は野鳥がメインでもなかったので、高山の清々しい空気を吸えただけでも良しとしよう。
 帰りは中央高の事故のおかげで、上信越道回りで帰る羽目になった。



[PR]
by umineko314 | 2017-07-31 08:42 | 夜景・風景 | Comments(0)

2017年GW番外編(長野市夜景)

 楽しかった鳥見も終了し、このまま帰るのもなんか勿体無い気分で、かねてから気になっていた夜景スポットを訪れることにした。通るたびに、ここからの夜景が見てみたいと思っていた場所である。今回やっと見ることができた。昼間に見ても夜景になるとイマイチなスポットも多いが、ここはある意味予想を裏切るような場所だった。
d0155021_22575161.jpg

その後、帰り道の姥捨SAからも善光寺平の夜景を見ることができた。ここはきちんと展望台が整備されていて、誰でも見ることができる。雰囲気も良いところだ。
d0155021_230345.jpg

 帰りは途中のSAで仮眠しつつゆっくり帰ったのだが、それでも中央高は11時だというのに、小仏でまだ渋滞していた。連休恐るべしである。



[PR]
by umineko314 | 2017-05-12 23:02 | 夜景・風景 | Comments(0)

関西夜景ツアーー2月4日〜7日

 仕事の都合でまとまった休みができたため、念願だった関西の夜景を見に行く計画を立てた。
 好天続きの1月から一転してまとまった雨が降るという予報にがっかり。雨男の所以である。でも宿も予約してしまったし、せっかくの休みなのだからと言って自らを励まし頑張って高速を走らせる。
 初日は天気がよかったので、なんとか夕方まで持ってくれればと休憩もそこそこに突っ走った。日没直前に若草山に到着。早速撮影に入る。
 古代の人々も見たであろう変わらぬ夕陽を眺めていると、なんとなくタイムスリップしたような感覚に陥る。
d0155021_10534158.jpg

日が沈み奈良盆地の夜景が広がる
d0155021_10531523.jpg

d0155021_10542565.jpg

d0155021_10544039.jpg

 次の日は奈良観光と考えていたのだが、生憎の雨。それでもロケハンを兼ねて信貴生駒ラインを走ってみる。ほとんど霧雨で景色は見られず、おまけにここはトイレが無い。料金所の人に聞いてみると、電気と水が無いのでトイレを設置でき無いそうだ。訪れる人も少なく、なくなってしまうかもしれないと真顔で話していた。
 雨の中鹿と戯れていても仕方ないので、早めに神戸に移動することにした。夕方は少し天気が回復するという予報を信じて高速を走らせる。
 今夜の宿は六甲山ホテルなので、山に登る前にビーナスブリッジに寄ってみることにした。幸い天気は大丈夫そうで、少しだけ撮影してみた。まずは西側から。
d0155021_1105960.jpg

次に東側をみてみる。
d0155021_1113357.jpg

正面にはポートタワーが望める。
d0155021_11158100.jpg

残念ながら雨が降ってきて撤収。どんどん雨が降ってきて霧も出てきた。六甲山西スカイラインから行こうとしたら、途中で倒木が道をふさいでいたため、結局引き返して登り直したので、到着が8時頃になってしまった。
 本来なら掬星台で撮影だったのだが断念。天気予報では明日の朝はなんとか天気が良さそうだったので、早めに寝て早朝に期待する。
 夜明け前にそそくさとホテルを出て掬星台に向かう。そこには日本三大夜景というに相応しい素晴らしい夜景が広がっていた。
d0155021_116571.jpg

  方角的には東を向いているので、ここは夜明けが素晴らしいと思う。
 翌日も天気が良くなくてがっかりである。寒波が降りてきて山陰地方では雪の予報である。
 昼間は天気が良く腹ごしらえと観光を兼ねて神戸市内へ行ってみる。ポートタワーが見える定番スポットから昼間の風景を撮ってみる。ちょうど遊覧船が帰ってきたところである。
d0155021_11153977.jpg

 結局三日目の夜も撮影できず四日目の朝に賭けてみる。
 最終日、夜に宿から夜景が見えていたので、掬星台に急ぐ。はじめはくっきり見えていた夜景も次第に雲が降りてきて霞んできた。
d0155021_11122334.jpg

結局夜明けまでもたず撤収。仮眠してから帰路についた。
 天気が悪い割には、合間を縫って撮影できたのはよかった。ただ、信貴山からの夜景は是非見てみたかったので心残りであった。





[PR]
by umineko314 | 2017-02-13 11:19 | 夜景・風景 | Comments(0)

東京スカイツリーー12月20日

 昼に少しだけ仕事があったので、カメラと三脚を持参して、仕事帰りに錦糸町駅の近くのビルから撮影してみた。正面に見えるスカイツリーはどことなく孤独な感じがしないでもない。あまりにも突出していて今ひとつ溶け込めていないように感じるが、それはさておき、アクリルのフェンス越しの撮影だったので仕上がりが心配だったが、まずまず良いカットが撮れた。
d0155021_21582989.jpg

d0155021_2159925.jpg

d0155021_21593527.jpg

d0155021_21595373.jpg


[PR]
by umineko314 | 2016-12-23 22:00 | 夜景・風景 | Comments(0)

夜明けの印旛沼ー11月29日

 夜明けの写真としてはかなりメジャーな印旛沼。近いのでいつでも行けると思っていると案外行かないもので、延び延びになっていた。11月には風邪をこじらせて何とかよくなった月末に行ってみることにした。
 場所は分かっていたので、日の出1時間前には到着。11月とは思えない暖かさで、なかなか雲が晴れない。暇だったので長時間露光で真っ暗な印旛沼を撮ってみた。車のヘッドライトが時折テラスので3分くらいの露光時間で、闇の中に沼が浮かび上がった。
d0155021_21475520.jpg

 そのうち白々と夜が明け始めたのだが…結局雲が多くて朝の印旛沼の風景は見ることが叶わなかった。
d0155021_21495065.jpg

 また、近いうちにリベンジしたいと思う。


[PR]
by umineko314 | 2016-12-23 21:50 | 夜景・風景 | Comments(0)

日本平から富士山ー8月30日

 8月最後の休みはどこに行こうかと色々思案した挙句、台風が通り過ぎた後なのでもしかしたら雲海が出るのではと思い、有名な吉原地区を目指した。昼間にロケハンし明日の朝に期待する。
 昼の吉原はこんな感じ。
d0155021_10475354.jpg
 吉原ロケハンの後は、もう一つ気になっていた日本平に夜景を撮りに移動。夜景なら冬の早朝がベストだが、とりあえず空気はそこそこ澄んでいるみたいなので行ってみる。台風の余韻なのか結構風が強く、強風と強風の合間を狙ってシャッターを切る。
d0155021_10512565.jpg
d0155021_10514137.jpg
d0155021_10514644.jpg
 夏にしては結構良い写真になった。どうしても湿気が多いので霞んだ写真になりがちだが、台風が少し湿気を運んで行ってくれたようだ。
撮影後、風呂に入り、仮眠してから早朝に吉原に上がるも、肝心の雲海は見られない。富士山も変な雲がかかって見栄えが悪く、写真にならなかった。
d0155021_11024585.jpg
 本当は富士山の下に雲海が広がるのだが、今日は全くハズレでただの風景になってしまった。
d0155021_11025191.jpg
 朝日が出る頃、いい具合に雲がかかってきた。富士山がしっかり見えていると良かったのだが。
d0155021_11025934.jpg
 また、来年へ持ち越し課題ができてしまった。

[PR]
by umineko314 | 2016-09-06 11:06 | 夜景・風景 | Comments(0)



鳥と風景つれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧