View in mind

カテゴリ:野鳥( 119 )

白樺峠ー9月23日

 9月は鷹の渡りを見に行くのが恒例となっている。シギチも一段落しそろそろ山の鳥が恋しくなってくる。紅葉も始まり、青く澄んで高い秋の空と爽やかな風を受けて、飛んでくる鷹たちを見るのは無類の楽しみである。たとえ良い写真が撮れなくても、ダイナミックな鷹の渡りは何度見ても飽きない。
 今年の9月は結構雨続きで、鷹たちも渡るタイミングが難しそうだ。先週の19日の水曜日には4千羽以上が一気に渡って行ったので、在庫がやや心配であった。間に雨を挟んだので、きっと飛ぶだろうという期待を胸に夜中に峠まで上がり、車中で仮眠する。
 あまり寝られなかったのだが、車のドアを閉める音に起こされ、仕方ないので上に上がることにする。三連休なのでとにかく場所の確保が大変だ。
 うまい具合にいつもの場所に陣取って観察を始める。が、ツミの成長♂が出現するも、そのあとはぱったり出なくなる。しかも暑い。日差しが結構きつくて、日焼け止めを塗らないと右半分が大火傷になりかねない。ハンカチなどで日差しを遮りつつ観察を続ける。
 途中、隣に地元の方がが見えられて色々話をしながらの観察となった。で、結局、午前中はツミを二羽見ただけで、あとはイワツバメとアサギマダラしか見られず仕舞いであった。やっぱり在庫不足なのかな、と思いつつ午後に突入。
d0155021_00105518.jpg

d0155021_00105378.jpg


 やっとサシバの群れが現れた。すると、もう止まらないくらいに次から次へとやって来だした。ここではいつも手持ちなので、支える腕がパンパンになるほどだった。
d0155021_00112129.jpg

d0155021_00103906.jpg

d0155021_00103575.jpg

d0155021_00103296.jpg

d0155021_00104630.jpg

d0155021_00105760.jpg

d0155021_00090997.jpg

d0155021_00094153.jpg

d0155021_00102534.jpg
 3時過ぎ、誰かがハチクマ!と言ったので、真上を見上げて見ると、なにやら見慣れない鳥が。しかも渡りの方向とは真逆の北にゆっくり進んでいる。上空は雲があったのでシルエットになってよく分からないが、とりあえず撮って見たら、なんとクマタカではないか。次列の膨らみと言い羽の幅といいハチクマには見えない。ここではたまに出現するが、実物を見たのは初めてだ。青空をバックに撮れなかったのが心残りである。
d0155021_00120018.jpg
 ここは伊良湖と違い、成鳥と幼鳥が適度に混じっているのが嬉しい。ただ、なかなか背撃ちは難しく、どうしても正面、横、下からという定番の写真しか撮れない。それでも、久しぶりに近くを飛んでくれたので珍しく連写しまくった。普段なら一段落したら画像チェックで削除していたけれど、今回はその暇がないくらい大忙しだった。後で見てみると、案外ピントを外している写真が多く歩留まりはいつもより悪かったと思う。
 日がな一日、じっと座ってひたすら飛んでくる鷹を連写するのは、意外と体力を使うようだ。やっている時は夢中なのだが、後で疲れがどっと出る。それでもこれだけ押せれば疲れも心地よいものになる。
 その他の鳥は、ハリオアマツバメ、ツミ、カケス、エゾビタキ、ノスリなど。今回はトビは珍しく見られなかった。最後におまけのクロ。
d0155021_00580274.jpg


[PR]
by umineko314 | 2018-10-02 01:01 | 野鳥 | Comments(0)

奥庭の鳥たち(ウソ)ー6月3日〜4日

 奥庭の鳥たちの最終回はウソって本当の話。口笛のような鳴き声からウソという名前がついた鳥である。平地では冬鳥で、ソメイヨシノの蕾を食べてしまうため嫌われることもあるが、ずんぐりむっくりした体系はどこかマツコデラックスのようだ。
d0155021_11082937.jpg
d0155021_11083409.jpg

d0155021_11091081.jpg

d0155021_11083196.jpg
 その他よく出て来たのがヒガラである。小柄で地味だが好きな鳥の一つである。
d0155021_11584178.jpg
今回見られなかった鳥で最近見ていない鳥はカヤクグリだ。この近辺ではオコジョも出現するようなので、次回は見て見たいと思う。そういえば、公園内でホシガラスが何者かに襲われたようで、特徴的な羽が散乱していた。猛禽の仕業かもしかしたらオコジョの仕業だと思う。自然の中で生きていくことの大変さを見た思いである。

[PR]
by umineko314 | 2018-06-21 11:18 | 野鳥 | Comments(0)

奥庭の鳥たち(キクイタダキ)ー6月3日〜4日

 キクイタダキはとても小さな鳥である。全長約10cm、日本最小の鳥である。全体は緑色をしていて頭部にある黄色と赤の模様がチャーミングだ。興奮するとこの頭部の黄色が花開く。とてもすばしっこい鳥で、撮影は結構辛い。鳥を追いかけて連写するしかないが、ほとんどカメラ任せである。
d0155021_11513085.jpg
d0155021_11513906.jpg
d0155021_11513720.jpg
d0155021_11512702.jpg
d0155021_11523345.jpg
d0155021_11523867.jpg
d0155021_11524268.jpg
d0155021_11524881.jpg
 以前、頭部の黄色い部分が開いたキクイタダキを取り損なった思い出があって、レベンジできるかと期待していたけれど、残念ながら黄色い部分は開かずだった。もう少し早い時期なら縄張り争いで見られたかもしれない。また宿題ができてしまった。
[PR]
by umineko314 | 2018-06-19 12:08 | 野鳥 | Comments(0)

奥庭の鳥たち(ホシガラス)ー6月3日〜4日

 ホシガラスも標高の高い所に生息する野鳥のの代表格である。日本ではカラスの仲間は12種ほど見られる。カラスの仲間は一般的には知能が高いと言われているが、他の鳥よよりも警戒心は強い印象がある。今回も大勢のカメラマンが取り囲んでいる間は姿を見せなかったのに、4時過ぎになってほとんどのカメラマンが撤収した後に悠々と登場した。確か前回来た時も見られなかったと記憶する。今回は奥庭荘に宿泊のためギリギリまで粘れたのでしっかり撮影できた。今まで、渡りの時期の飛翔写真はあっても、枝止まりの写真はほとんど撮れていなかったから、ようやくまともな写真が撮れて大満足である。
d0155021_23201693.jpg

d0155021_23200700.jpg

d0155021_23200432.jpg

d0155021_23200191.jpg

d0155021_23193343.jpg

d0155021_23184724.jpg

d0155021_23184561.jpg

d0155021_23184165.jpg

 念願のホシガラスも見られて満足し、さて、夕食である。奥庭荘の食事は夕食も朝食もとても豪勢で、品数も多くてどれも美味しいものだった。宿泊代金を考えるとかなりお得感がある。ただし、お風呂がないのでその点はマイナスポイントだが、山小屋だと割り切ればそれもありかなと思う。ロケーションの良さと食事だけで「星3つです!」





[PR]
by umineko314 | 2018-06-18 23:27 | 野鳥 | Comments(0)

奥庭の鳥たち(メボソムシクイ)ー6月3日〜4日

 ルリビタキ同様、標高の高いところでよく見られるのがメボソムシクイだ。ムシクイ系はスマートで似ているので冬場は結構識別が難しいが、今の時期はさえずりが聞かれるので識別は容易である。メボソムシクイはたくさんの鈴を鳴らしたような綺麗なさえずりをするのですぐにそれとわかるが、森の中では結構見つけにくい。でも今回は水場なので向こうから近づいてくるので楽チンである。
d0155021_18593983.jpg
d0155021_18591403.jpg
d0155021_18593607.jpg
d0155021_18592250.jpg
d0155021_18592784.jpg
d0155021_18592553.jpg
 ヒタキ系に劣らずなかなか可愛らしい顔立ち、さえずりも綺麗、スーッと伸びたアイラインが素敵である。色合いが地味なのも魅力だったりする。自分の中では結構好きな鳥の一つだ。


[PR]
by umineko314 | 2018-06-17 19:06 | 野鳥 | Comments(0)

奥庭の鳥たち(ルリビタキ)ー6月3日〜4日

 梨が原から標高の高い奥庭に移動。奥庭荘には20年ほど前に訪れて以来だ。行こうと思えばいつでも行ける距離なのだが、スカイライン代が高いこともあって行きそびれていた。
 ここは小さな水場に集う小鳥たちがとても愛らしく、この時期に平地では見られない鳥たちが間近で見られるのでバーダーに人気の場所である。近くを散策できて、富士山は言うまでもなく南アルプスまで見渡せる展望台もあって、なかなか観光地としても魅力的である。以前来た時は7月中旬であった。6月に来るのは初めてなのでどんな鳥が見られるか楽しみである。
 富士山の周りの地面は溶岩なので、雨が降ってもすぐに染みこんでしまい、水場ができにくい。だから水場を作ってやると、必ず鳥たちがやってくる。鳥たちにとっても貴重な水場というわけだ。鳥だけでなくオコジョも生息しているようで、奥庭荘にも写真が飾ってあった。
 見られる鳥の種類はそれほど多くはないが、じっと座って待ち伏せしているので、鳥が現れると、ここぞとばかりにシャッター音が鳴り響く。結局同じような写真を連発することになるのだ。そこで、今回は鳥ごとにまとめてみようと思う。
 平地では冬鳥としてバーダーに人気のルリビタキ。ヒタキ系の顔は目がくりっとしてとても可愛い。いわゆる小鳥らしい顔つきだ。
d0155021_01555961.jpg

d0155021_01555771.jpg

d0155021_01555535.jpg

d0155021_01555394.jpg




d0155021_01554189.jpg

d0155021_01553793.jpg

d0155021_01553463.jpg
 青い色をしているだけでなんとなく幸せを運んでくれそうな気がしてくるから不思議である。


[PR]
by umineko314 | 2018-06-16 02:00 | 野鳥 | Comments(0)

梨が原ー6月3日

 梅雨入りも近いので、天気がいいうちに高原の鳥でも見に行こうと、友人を誘って奥庭探鳥計画を立てた。
6月にしてはとても天気が良く、直接奥庭に行くのももったいないので、午前中は梨が原によって探鳥することにした。ここは平日は入れないので、日曜に行くしかない。キノコ採りの人がほとんどだが、オオジシギなどの鳥を見に来る人も多い。自衛隊の演習場なので人工物が少なく鳥を撮るにはなかなか良い環境だ。加えて富士山も見応えがあり、迷彩服の人たちがいなければなんとも気分の良いところである。
 ここはオオジシギのディスプレイフライトが見られる所として有名で、期待もしていたけれど、残念ながらほとんど見られなかった。人が多すぎたのかもしれないし、自衛隊が演習していたからかもしれない。その他の高原の鳥はホオアカ、ノビタキ、コヨシキリ、カッコウ、ヒバリ、コムクドリなどが見られた。そして富士山がとても見事な姿を見せていた。入り口近くで富士山と月。
d0155021_17503514.jpg

演習場の奥では緑に映える富士山を見ることができた。
d0155021_17560010.jpg

d0155021_17511295.jpg

d0155021_17511002.jpg

d0155021_17510820.jpg

d0155021_17510521.jpg

d0155021_17510330.jpg

ノビタキを威嚇するウグイス。
d0155021_17510089.jpg

立場が逆転し今度はノビタキが迫る。
d0155021_17511533.jpg

 午前中だけだが、天気も良く日焼けを気にしながら爽快な鳥見ができた。ホオアカが囀るその先に、匍匐する自衛隊員がいたりしてなかなか普段見られない光景が見られた。自分としてはアカモズを密かに期待していたのだが、鳴き声すら聞かれなかったのは残念だ。その代わり高原モズはそこここで見られた。

[PR]
by umineko314 | 2018-06-15 18:15 | 野鳥 | Comments(0)

5月4日〜6日ーGWの鳥見

 連休前半は近くのお山に出かけた。山ツツジが満開でとても綺麗だったのだが、鳥はパッとせずオオルリとサンショウクイを確認したのみで早々に帰宅。
d0155021_21022911.jpg
 連休後半は3日が天気が悪く、1日遅らせて出発。長野から新潟に回るはずだったが、順序が逆になってしまった。
 まずは星峠の棚田を見たくて、昼にロケハン。雰囲気はとても良いが昼間はやはり写真としてはイマイチ。5日の早朝に期待し宿に戻る。しかし、翌朝は新潟方面は天気が悪く朝は雨。早朝の棚田を諦めて戸隠に向かう。とりあえず昼の星峠はこんな感じ。
d0155021_21023717.jpg
 4時くらいには激しい雨になって、標高が上がるにつれて霙となる。植物園の駐車場に着いた時は雪。仮眠して待つもかなり寒い。
 7時くらいに気がついて空を見ると明るくなってきた。早速準備して探鳥開始。
 今年は桜がまだ綺麗な花びらをつけていて池の周りは華やかだ。前日の雨で鳥たちの行動も出足が遅く、山桜の木に色々な鳥たちが入れ替わり飛来した。運良く桜とコラボしてコサメビタキとニュウナイスズメを取ることができた。
d0155021_21024277.jpg
d0155021_21024463.jpg

d0155021_21024892.jpg
d0155021_21025066.jpg
d0155021_21025378.jpg
昨年もそうだったのだが、今年もニュウナイスズメをよく見かけた。結構撮りやすい場所に降りてきてたくさん取ることができた。
d0155021_21023455.jpg
これは松之山で撮ったニュウナイだが、新緑が綺麗で季節感のある写真となった。
ニュウナイと同じくキビタキもよく現れた。夏鳥の定番でどこでも見られるが、新緑の中の黄色い鳥はやはり絵になる。また、声も森のピッコロと言われるだけあって、いかにも鳥らしい鳴き声に癒される。
d0155021_21025578.jpg
d0155021_21025706.jpg
d0155021_21030953.jpg
カラ類やコサメビタキ、ミソサザイ、オオアカゲラはここでは普通種と言っていいが、写真は撮れなかったが、ヤブサメの姿を確認できたのは初めてである。また、木道を歩くテンの姿を見たのも初めての経験だった。写真に撮りたかったのだが、気がついた時には遅く悔しい思いをした。
d0155021_21030030.jpg
d0155021_21030180.jpg
d0155021_21030369.jpg
d0155021_21030545.jpg
d0155021_21030758.jpg
d0155021_21033945.jpg

d0155021_21034180.jpg
ニュウナイは豊作で結構近くで目の高さで撮ることができた。

d0155021_21034334.jpg
d0155021_21034556.jpg
d0155021_21033633.jpg
入り口近くの池に、戻るとノジコの声がする。証拠写真だが、木の高いところにいる姿が見られた。
d0155021_21032706.jpg
池にはコガモが羽を休めていた。張り出した枝の上で羽繕いをしていてとても長閑だ。
d0155021_21034875.jpg
d0155021_21031891.jpg
d0155021_21032002.jpg
その他、カケスやコルリなど撮りそこなった鳥も多かったが、やはりここは鳥が多く、他の場所に比べて失敗する確率がとても少ないと思う。さすが野鳥の宝庫である。

シジュウカラ、コガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、キビタキ、ヤブサメ、コサメビタキ、ミソサザイ、サンショウクイ、キバシリ、アカゲラ、オオアカゲラ
カケス、ノジコ、カイツブリ、コガモ、ヤマガラ、コゲラ、エナガ、アオジ、キセキレイ、ニュウナイスズメ、ツツドリ(S)、コルリ(S)、クロツグミ(S)、本土テン


[PR]
by umineko314 | 2018-05-13 21:43 | 野鳥 | Comments(0)

ヤツガシラー2017年12月21日

 時間が前後するが、昨年の12月の話である。ヤツガシラが昨年に続いて今年も出ているとの情報を見て早速行ってみることにした。
 群馬県の某公園に到着すると、すでに午前中から見ている人たちで結構賑わっている。三脚をスタンバイするもカメラをのぞいている人はほとんどいない。午前中に一度出て以来、遠くに飛んで行ったきり戻ってきていないとのこと。気長に待つしかない。私が到着した11時ころから時間が経つにつれてどんどん人が増えてきた。夕方に出やすいという情報が流れているせいだろう。ざっと数えても100人はいるだろう。平日とは思えない盛況ぶりだ。
 ヤツガシラが戻ってくるまでの間、時折近くに来るシメやハクセキレイ、ジョウビタキ、アオサギなどを観察しながら本命を待つ。
d0155021_23355455.jpg

d0155021_23364179.jpg

d0155021_23370777.jpg

d0155021_23370124.jpg

d0155021_23370438.jpg

d0155021_23371156.jpg

3時ころ、突然の帰還。真打登場だ。初めは木に止まってすこし警戒気味。
d0155021_23523870.jpg

そのうちに、芝のところに降りて盛んに採餌に忙しく動き回り始めた。ヤツガシラの動きに合わせて100人のギャラリーが動く。まるでイワシの群れのようだ。
d0155021_23371485.jpg

d0155021_23372492.jpg

虫を捕まえて…
d0155021_23372741.jpg
見事に飲み込んだ!
d0155021_23373764.jpg

d0155021_23374168.jpg
名前の由来であるヤツガシラを見られたのは2回。1回目がこちら。
d0155021_23374535.jpg

d0155021_23391266.jpg

d0155021_23391965.jpg

2回目は見事に羽まで上げてくれた。これを最後に、遠くに行ってしまったが、とても上品で愛嬌のある野鳥であった。また来年も来るだろうか。









[PR]
by umineko314 | 2018-01-18 23:58 | 野鳥 | Comments(0)

シギチ天国・稲敷市ー10月12日

 10月といえば、そろそろ渡りも終盤に近い。このところネットでも話題のアメウズを見たくなって、稲敷市に行ってみた。
 その前に遠いが、エリマキシギの群が見られたので記念撮影。
d0155021_01095211.jpg
場所を少し移動してアメリカウズラシギのポイントへ。
d0155021_01094221.jpg

d0155021_01094032.jpg

d0155021_01093882.jpg
同じ蓮田には、ウズラシギ、トウネン、ハマシギ、タカブシギなどもいて賑やかだ。
d0155021_01095077.jpg
d0155021_01093649.jpg
ちょうどうまい具合に、ウズラとハマとトウネンが同じ場所に集まった。
d0155021_01093433.jpg
d0155021_01093056.jpg
そこに、アメウズもやってきた。四種が同じフレームに収まるというのはとても珍しい。ピンは甘いが記念に載せてみる。
d0155021_01092768.jpg
さらに、近くにいたハクセキレイまで乱入。五点盛りとなった。
d0155021_01092562.jpg
場所を変えて、ツルシギやオグロシギが見られるポイントに移動。ここでもすぐに見つかり、短時間で豪華なメンバーを見ることができた。こんなことは最近では珍しい。
d0155021_01091613.jpg
d0155021_01091462.jpg
d0155021_01091267.jpg
水浴びはなかなか豪快である。
d0155021_01091095.jpg
d0155021_01090802.jpg

d0155021_01090234.jpg
近くにはクサシギとコチドリ(幼鳥)もいて、なかなか良い環境だ。
d0155021_01090578.jpg
d0155021_01090091.jpg
d0155021_01085797.jpg
d0155021_01085590.jpg
すぐ近くにはオグロシギの群もいて、今日は大忙しである。
d0155021_01085220.jpg
d0155021_01085084.jpg
d0155021_01084711.jpg
オグロシギと一緒にオオハシシギも発見。毎年この地で越冬しているので、このまま居座るつもりだろうか。
d0155021_01084474.jpg
たくさんの種類を同時に見たのは何年ぶりだろうか。さすがはシギチ天国稲敷市である。このような環境が末長く残っていてほしいものである。













[PR]
by umineko314 | 2017-10-13 01:42 | 野鳥 | Comments(0)



鳥と風景つれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧