View in mind

カテゴリ:富士山( 20 )

三浦半島からの富士山ー10月29日

 横須賀市走水は三浦半島の東側から唯一見られる富士山のスポットである。地図を見る限り不思議な気がするのだが、ちゃんと富士山が見える。東京湾越しに見える富士山は夜景とのマッチングも良い。数年前にも一度訪れているが、その時は富士山がかろうじて見える程度で今ひとつだったのでリベンジしたいとかねがね思っていいたし、先週に続いて天気が良さそうだったので、今度こそ富士山を拝みたいと高速を走らせた。
 日没の30分くらい前にスタンバイし夕暮れを待つ。今日はいい感じだ。
d0155021_13131315.jpg
 レンズは24−70mmのほぼ70mm側で撮影。70−200mmで富士山を大きく写す人もいるが、手前の海と船、左右に広がる夜景も入れたいのであえて広めに撮ってみた。今日は富士山が綺麗だ。
d0155021_13131651.jpg
 上がブルーモーメントのピーク。下はそれよりもやや遅く、空が暗くなりかけている。
d0155021_13131863.jpg
 今年は暖冬で暖かい日が続くが、その割には空気は秋のそれで、富士山も見やすいようだ。新規に行ってみたいところやもう一度撮ってみたところがたくさんあって、どこに行こうか迷ってしまう。特に紅葉や桜の時期はタイミングが合わないとなかなか良い写真が撮れない。11月は紅葉もピークなので出かけられるといいのだがどうなるだろうか。


[PR]
by umineko314 | 2018-11-11 13:39 | 富士山 | Comments(0)

富士山撮影三昧ー10月21、22日

 二日間で3箇所を回る予定で出発。まずは山梨市にある高原へ向かう。
 10月はここ数年暖かい日が多く湿気もあってあまりいい写真が撮れていないので、あまり期待できない。到着は昼過ぎなのでロケハンのつもりで訪れた。ところが意外や意外、結構富士山もくっきり見えていて紅葉もまずまずで、早速撮影開始。
d0155021_01204282.jpg
d0155021_01204806.jpg
 逆光なので、富士山を飛ばさないようにすると、紅葉が冴えない。午前中はどんな景色が見られるのだろうか。次回は早朝に来てみたい場所だ。
 次に近くの峠に行く予定だったが、崩落があって通行止なので、途中腹ごしらえをしつつ見晴らし広場に向かう。
 日没にはまだ間があるので、コーヒーを入れながらまったりする。
d0155021_01211256.jpg
 夜景と富士山のコラボは以前より特にこだわって撮影してきた。やはり夜景に富士山が写っていると一味違った夜景写真になる。
d0155021_01212034.jpg
 翌朝はどこに行こうかといろいろ迷った挙句、雁ヶ腹摺山に決定。大峠で仮眠をとって真夜中に登山開始。
 コースタイムは1時間ほど。途中ルートを間違えたりして5分ほどロスするもほぼコースタイム通りに到着。しかし日頃の鍛錬がなっていないせいか、かなりバテバテだった。山頂付近は霜が降りていてそこそこ寒いが薄い羽毛服を着れば寒さを感じない程度だ。
 早く着いたので、夜中の富士山を撮ってみる。
d0155021_01212664.jpg
夜明けとともに、富士山が神々しく輝き出す。この瞬間がなんとも言えずいい。
d0155021_01205982.jpg
d0155021_01210529.jpg
d0155021_01205441.jpg
 今回は天気に恵まれていたばかりでなく、この時期にしては空気が澄んでいてとてもラッキーであった。富士山の雪も例年よりも多くてとても絵になる。まだまだシーズンは続くので、これからが楽しみだ。

[PR]
by umineko314 | 2018-10-30 01:52 | 富士山 | Comments(0)

田貫湖〜大石公園ー6月25日

 日本代表はW杯ではベスト16で終わってしまったが、グループステージのセネガル戦の日である。白熱した試合をラジオで聞きながら、朝焼けの田貫湖を目指して高速を飛ばした。試合が終わる頃に到着し、仮眠して来たので早速3時くらいから撮影に入る。梅雨時期なのでどんな富士山が見られるか楽しみだ。
 ピント合わせのため高感度で撮っていたら面白い画が撮れた。
d0155021_17471858.jpg
 その後少しずつ夜が明けていき、空の色が刻一刻と変化し始める。
d0155021_17472265.jpg
d0155021_17473122.jpg
d0155021_17473811.jpg
 もっと焼けるかと期待したのだが、部分焼けにとどまりちょっと残念。
 当初、ツツジと富士山を撮るべく山梨に移動の予定だったのだが、湿気が多くツツジの開花状況もよくわからなかったので(今年はかなり早咲きだった)予定を変更し大石公園に向かう。
 いい感じでラベンダーが咲いていたので早速撮影する。ラベンダーが咲き誇っている所には三脚を立てたカメラマンが20名ほど陣取り、やや気後れしたが、こそこそと間に入って低い体勢から撮影した。
d0155021_17474371.jpg
d0155021_17474538.jpg
d0155021_17474840.jpg
d0155021_17475818.jpg
 時間が経つと富士山が霞んできた。この時期はどうしても抜けが悪くなるので綺麗に撮るチャンスが少ないが、こればかりはどうしようもない。
 その後、山中湖に足を伸ばそうか一瞬考えたが、6月だというのに猛暑日になりそうな好天気だったので断念し、同志道でゆっくり帰ることにした。帰りの道の駅で食べたアイスクリームがかなり美味しくて、少し得した気分である。

[PR]
by umineko314 | 2018-07-15 18:04 | 富士山 | Comments(0)

奥庭からの富士山

 今回は野鳥がメインではあるが、間近に富士山があるので、当然風景も見逃せないところだ。平地と植生と雰囲気が異なり、富士山の半分を見上げることになる。特に早朝と夕方の雰囲気は格別である。もっとじっくり撮りたかったのだが早足での撮影となってしまった。紅葉の時期にも来てみたいと思う。
d0155021_23353674.jpg
d0155021_23354206.jpg

 少し登った反対側の展望台では南アルプス山々が衝立のように広がってこれまた見応えがあった。田貫湖などの湖も俯瞰できて、もしかしたら夜景も撮れるかもしれない。早朝の南アルプスのモルゲンロートも見てみたい。
 外人の陽気な観光客も多く、さすが世界遺産だなと思わせる。以前来た時よりも公園は整備されたようでとても歩きやすく観光にはもってこいである。


[PR]
by umineko314 | 2018-06-18 23:44 | 富士山 | Comments(0)

大野山ー5月11日

 5月の爽やかな富士山が見たくなって、神奈川県の大野山に行ってみることにした。
 ここは山という名がついているが、頂上が牧場となっていて、山頂近くまで車で行けるのでものすごく楽である。日頃の鍛錬を怠っている老体には丁度良い山だろう。駐車場からわずかばかりの登山もどきで頂上に到着。駐車場にも頂上にもトイレがあるので、色々な意味で安心である。
 富士山はといえば、これまた見応えがあっていい雰囲気である。送電線や鉄塔などの人工物は広角で写せば入ってしまうが、ある程度トリミングすれば自然な雰囲気で撮ることができる。牧場なので開けていて色々と場所を変えて撮ると、また違った雰囲気があって面白い。
久しぶりに、古いレンズを試して見た。ニッコール35mmF2。このレンズは結構お気に入りレンズだ。絞りは手動で固め。
d0155021_17055957.jpg
 牧場なのでそれっぽく撮ってみる。こちらは24−70mm 。
d0155021_17060324.jpg

d0155021_17060182.jpg
野生の藤の花が咲いていたのでコラボしてみたが、なんだかよくわからない写真になってしまった。
d0155021_17060694.jpg

d0155021_17060537.jpg
アクセスが楽で、雰囲気がよく、トイレもあって富士山が見られるなら行って損はない山である。また冬にも訪れたい山だ。
 帰りに近くを下見していて見つけたポイントで一枚。鉄柵がなければ良かったのだが。
d0155021_17055761.jpg


[PR]
by umineko314 | 2018-05-14 17:18 | 富士山 | Comments(0)

千葉県より富士山を望むー1月14日

 家から高速道路を使わずに行けるスポットが袖ケ浦海浜公園だ。地元千葉県から富士山を見ようとすると、相当空気が澄んでいないと難しいが、幸い、年が明けてから天気の状態がよく、これはチャンスとばかりに出かけて行った。日曜日なのでそれなりに混んではいたが、公園以外は特に何もないところなので、カメラマンは数名しかいなかった。今日は富士山がくっきり見えて十分期待できそうだ。
 陽が沈む位置が南寄りのため、ダイヤモンド富士は拝めない。3月くらいになればかなり富士山に近づくと思われるので、またそのころ狙ってみたいと思う。この場所は以前にも夕陽や入道雲とアクアラインを撮ったことがあるが、その時は展望台からの眺めであった。今回は駐車場からすぐの海に面したところから撮影した。
d0155021_18460951.jpg

いい感じで富士山がシルエットになってくれた。

d0155021_18460685.jpg
だんだんと辺りが暗くなり、東京湾アクアラインが輝きだした。


d0155021_18454533.jpg
d0155021_18455065.jpg

 近くの道路にはヤシの木が植えられていて、南国リゾートを思わせる雰囲気があり、デートスポットとしても若者の間で人気があるらしい。アクアラインも見えて富士山も堪能できるこの場所はお気に入りである。これからもちょくちょく訪れることになりそうだ。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by umineko314 | 2018-01-17 23:38 | 富士山 | Comments(0)

秋富士

 秋の富士山が撮りたくてプチ登山を計画。当初、雁ヶ腹摺山を計画していたのだが、予定を変更して大蔵高丸に登ることにした。先日の台風で一旦は富士山が冠雪したのだが、ここ数日の暖かさで雪が溶けてしまったのは残念だ。
 夜明け前に湯の沢峠に到着し、ヘッドランプの明かりを頼りに山道を登ること約30分。体が温まる頃に到着。
 着いてみると山の東側が早くも朝焼けし始めている。
d0155021_23224299.jpg
d0155021_23230384.jpg
 顔を90度右に向けると富士山が大きく鎮座している。今日はとても良い天気である。
d0155021_23224687.jpg
d0155021_23224823.jpg
d0155021_23231292.jpg
 さらに右に90度向くと、南アルプスが見渡せる。今日は雲海も出てとてもいい感じ。南アルプスもまだ雪化粧ではなく少し迫力に欠けてしまうが見応えは十分である。
d0155021_23223831.jpg
 一緒に撮影されていた方といろいろ話をしながら撮っていると、あっという間に日が昇り、今日の撮影は終了。

 ここは鹿や人から植物を守るため登山道に柵が巡らされていて、それが画面に写り込んでしまうのが残念。また上の写真にあるように、鉄塔がせっかくの絶景を台無しにしている。もう少し景観を考えて欲しいと思う。来る途中の林道からもとても写真に撮りたい雰囲気の場所があったが、そこもドーンと富士山の前に鉄塔がありせっかく良い構図なだけにとても残念に思った。電柱や鉄塔はなんとかならないものだろうか。未来に向けて考えて欲しいところである。







[PR]
by umineko314 | 2017-11-02 23:47 | 富士山 | Comments(0)

葉山より富士山を望むー10月26日

 神奈川の山が紹介されている本を読んでいて、偶然見つけた仙元山というところ。富士山と江ノ島が見渡せる良い雰囲気なのだが、意外と訪れている人は少なく、とにかく一度行ってみようということになった。折良く天気も良さげで期待できそうだ。
 事前調査で駐車場がないということだったので、葉山元町のコインパーキングに停めることにした。
 まずは駐車場から教会へ向かう。ここまでかなり急な舗装道路を歩く。もしかするとルートの中で一番急かもしれない。
写真の左のガードレールのところから山道となる。
d0155021_00233220.jpg
 しばらく樹林の中を歩くと、いきなり視界が開ける。私の嫌いなコンクリートの階段が登場するが、結構雨にえぐられていて歩きにくい。
d0155021_00232723.jpg
 約20分の歩行で展望台に到着。大きなイブキの木が目印だ。
d0155021_00232218.jpg
 ここからは眼下にきらめく相模湾、江ノ島、そして朧げながら富士山が望まれる。10月はまだ関東から富士山を眺めるには条件的に厳しい。思った通り富士山は霞んでいる。だが、よく見るとかすかに稜線を見ることができる。陽が沈めばきっとシルエットになってくれるだろうと期待しつつ待機。
d0155021_00231883.jpg

d0155021_00231619.jpg
夕日は結構感動ものだ。富士山も顔を出してくれた。
d0155021_00230677.jpg
さて、ここからがトワイライトタイムである。日没後のなんとも言えない情景に思わず息を飲む。
d0155021_00231341.jpg

d0155021_00231012.jpg
 葉山の夜景は光量は少なめだが、それでもなんとか夜景っぽくなった。
d0155021_00450641.jpg
d0155021_00450495.jpg
 たっぷり陽が暮れて、真っ暗な山道をヘッドランプを頼りに山道を下る。冬になればもっと富士山もくっきりと見えるのだろう。また来てみたいと思わせる場所だ。登山道がもっと整備されれば一般の人も来られるだろうと思う。










[PR]
by umineko314 | 2017-10-30 00:53 | 富士山 | Comments(0)

力芝と富士山ー10月4日5日

 鳥の渡りも一段落して、久しぶりに富士山を見たくなった。折しも力芝が見頃の季節。紅葉には少し早いので、6月の撮影ですっかり気に入った田貫湖に朝焼けを期待して出かけてみた。早朝狙いのため昼過ぎに出て、力芝のポイントを下見してから田貫湖に向かった。到着と同時にずっと見えていなかった富士山がひょっこり顔を出していたので、慌ててカメラを出して撮影。
d0155021_18291584.jpg
そのあとすぐに雲の中へ消えてしまったのだが、夕日に照らされた夏富士の一瞬をなんとか撮ることができた。

 午前3時くらいに起きだして、車の外に出てみる。相変わらず富士山は雲の中である。とりあえず4時過ぎまで田貫湖で粘るも、富士山は顔を出さず仕舞いで、諦めて力芝のポイントに移動した。
 移動している間に、なんと富士山がしっかりと見えているではないか。ちょっと信じられない思いで撮影支度をする。
雲は多めだが、ちょうど東側を遮っているためか、あまり焼けてこない。ほんの一瞬だけ富士山の周りが色付いた。
d0155021_18290904.jpg
d0155021_18291265.jpg
 力芝は逆光でキラキラと輝くが、生憎太陽は顔を出さずで金色に光る力芝はお預けとなってしまったが、これはこれでいいかなと思う。
 すっかり明るくなった様子を撮影してから帰途についた。
d0155021_18290194.jpg


[PR]
by umineko314 | 2017-10-08 18:43 | 富士山 | Comments(0)

千貫門より富士山ー1月26日

 富士山好きなら一度は目にしたことがあるであろう風景、あまりにも有名な場所なので目新しさは全くないのだが、やはり押さえておきたい場所が千貫門からの富士山である。近くに黄金崎や三津など伊豆西海岸からは富士山を望むスポットはたくさんある中で、一番撮ってみたいと思っていた場所がここである。冬の季節風で波頭が白く立っている写真が有名だが、今日は小春日和のような穏やかさで海はいたって静かである。冬の荒々しさはなくても、駿河湾の澄んだ青緑色の海面が美しく、これはこれでとても好きである。到着まで4時間ほどかかったが、ナビの予想よりは1時間くらい早く着いてしまった。
 三雲オートキャンプ場の中に撮影場所があるが、キャンプ場2つあって夕陽の見えるキャンプ場の方が今回の目的地である。駐車場料金は帰る時に取られるが、時間制で私は3時間で600円であった。
 到着した時は雲一つない晴天で、空の青と海の蒼、そして千貫門の茶色い岩肌と雪を頂いた富士山の白のコントラストが見事である。特に日没の頃は岩肌が金色に染まってとても美しい。ここが多くの写真家を魅了してきたこともうなずける。
d0155021_08653.jpg

d0155021_082368.jpg

 夕方になるにつれて、雲が増えてきたが、富士山が隠れることもなく日没まで撮影できた。
d0155021_010072.jpg

 日没直後、富士山が一瞬紅色に染まって神々しい姿を見せてくれた。
d0155021_0101319.jpg

d0155021_0102873.jpg




[PR]
by umineko314 | 2017-01-28 00:13 | 富士山 | Comments(0)



鳥と風景つれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧