View in mind

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大野山ー5月11日

 5月の爽やかな富士山が見たくなって、神奈川県の大野山に行ってみることにした。
 ここは山という名がついているが、頂上が牧場となっていて、山頂近くまで車で行けるのでものすごく楽である。日頃の鍛錬を怠っている老体には丁度良い山だろう。駐車場からわずかばかりの登山もどきで頂上に到着。駐車場にも頂上にもトイレがあるので、色々な意味で安心である。
 富士山はといえば、これまた見応えがあっていい雰囲気である。送電線や鉄塔などの人工物は広角で写せば入ってしまうが、ある程度トリミングすれば自然な雰囲気で撮ることができる。牧場なので開けていて色々と場所を変えて撮ると、また違った雰囲気があって面白い。
久しぶりに、古いレンズを試して見た。ニッコール35mmF2。このレンズは結構お気に入りレンズだ。絞りは手動で固め。
d0155021_17055957.jpg
 牧場なのでそれっぽく撮ってみる。こちらは24−70mm 。
d0155021_17060324.jpg

d0155021_17060182.jpg
野生の藤の花が咲いていたのでコラボしてみたが、なんだかよくわからない写真になってしまった。
d0155021_17060694.jpg

d0155021_17060537.jpg
アクセスが楽で、雰囲気がよく、トイレもあって富士山が見られるなら行って損はない山である。また冬にも訪れたい山だ。
 帰りに近くを下見していて見つけたポイントで一枚。鉄柵がなければ良かったのだが。
d0155021_17055761.jpg


[PR]
by umineko314 | 2018-05-14 17:18 | 富士山 | Comments(0)

5月4日〜6日ーGWの鳥見

 連休前半は近くのお山に出かけた。山ツツジが満開でとても綺麗だったのだが、鳥はパッとせずオオルリとサンショウクイを確認したのみで早々に帰宅。
d0155021_21022911.jpg
 連休後半は3日が天気が悪く、1日遅らせて出発。長野から新潟に回るはずだったが、順序が逆になってしまった。
 まずは星峠の棚田を見たくて、昼にロケハン。雰囲気はとても良いが昼間はやはり写真としてはイマイチ。5日の早朝に期待し宿に戻る。しかし、翌朝は新潟方面は天気が悪く朝は雨。早朝の棚田を諦めて戸隠に向かう。とりあえず昼の星峠はこんな感じ。
d0155021_21023717.jpg
 4時くらいには激しい雨になって、標高が上がるにつれて霙となる。植物園の駐車場に着いた時は雪。仮眠して待つもかなり寒い。
 7時くらいに気がついて空を見ると明るくなってきた。早速準備して探鳥開始。
 今年は桜がまだ綺麗な花びらをつけていて池の周りは華やかだ。前日の雨で鳥たちの行動も出足が遅く、山桜の木に色々な鳥たちが入れ替わり飛来した。運良く桜とコラボしてコサメビタキとニュウナイスズメを取ることができた。
d0155021_21024277.jpg
d0155021_21024463.jpg

d0155021_21024892.jpg
d0155021_21025066.jpg
d0155021_21025378.jpg
昨年もそうだったのだが、今年もニュウナイスズメをよく見かけた。結構撮りやすい場所に降りてきてたくさん取ることができた。
d0155021_21023455.jpg
これは松之山で撮ったニュウナイだが、新緑が綺麗で季節感のある写真となった。
ニュウナイと同じくキビタキもよく現れた。夏鳥の定番でどこでも見られるが、新緑の中の黄色い鳥はやはり絵になる。また、声も森のピッコロと言われるだけあって、いかにも鳥らしい鳴き声に癒される。
d0155021_21025578.jpg
d0155021_21025706.jpg
d0155021_21030953.jpg
カラ類やコサメビタキ、ミソサザイ、オオアカゲラはここでは普通種と言っていいが、写真は撮れなかったが、ヤブサメの姿を確認できたのは初めてである。また、木道を歩くテンの姿を見たのも初めての経験だった。写真に撮りたかったのだが、気がついた時には遅く悔しい思いをした。
d0155021_21030030.jpg
d0155021_21030180.jpg
d0155021_21030369.jpg
d0155021_21030545.jpg
d0155021_21030758.jpg
d0155021_21033945.jpg

d0155021_21034180.jpg
ニュウナイは豊作で結構近くで目の高さで撮ることができた。

d0155021_21034334.jpg
d0155021_21034556.jpg
d0155021_21033633.jpg
入り口近くの池に、戻るとノジコの声がする。証拠写真だが、木の高いところにいる姿が見られた。
d0155021_21032706.jpg
池にはコガモが羽を休めていた。張り出した枝の上で羽繕いをしていてとても長閑だ。
d0155021_21034875.jpg
d0155021_21031891.jpg
d0155021_21032002.jpg
その他、カケスやコルリなど撮りそこなった鳥も多かったが、やはりここは鳥が多く、他の場所に比べて失敗する確率がとても少ないと思う。さすが野鳥の宝庫である。

シジュウカラ、コガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、キビタキ、ヤブサメ、コサメビタキ、ミソサザイ、サンショウクイ、キバシリ、アカゲラ、オオアカゲラ
カケス、ノジコ、カイツブリ、コガモ、ヤマガラ、コゲラ、エナガ、アオジ、キセキレイ、ニュウナイスズメ、ツツドリ(S)、コルリ(S)、クロツグミ(S)、本土テン


[PR]
by umineko314 | 2018-05-13 21:43 | 野鳥 | Comments(0)

2018年3月〜4月

 今年の花粉はひどかった。いつもなら3月初旬から中旬にかけて鼻が炎症を起こしてしまうのだが、今年は違った。2月の終わりから4月の上旬まで酷い状態が続き、アウトドア派の私さえ外に出るのが億劫なほどだった。なんでも、今年の花粉はPM2.5と黄砂などが混ざったハイブリッドだという説もあってとにかく鼻炎の薬浸けの毎日だった。
 そんな状態の中、それでも日帰りで出かけたりはしていた。ただ、思ったような成果が出なかったこともあり、花粉症もひどかったのでブログを更新する気力がなかっただけ。
 3月に行ったのは茨城県の涸沼である。ここはオオワシが飛来することでも有名だが、今回はダイヤモンド筑波山を狙ってみた。天気と休みの関係でドンピシャにはならなかったのは残念だが、夕日に沈む筑波山を撮ることができた。タムロンの70−200mmを使っているがフレアが発生してしまった。まともな逆光では厳しいか。
d0155021_13515812.jpg


次に訪れたのは木下沢梅園である。毎年3月の第二週が開放日なので行ってみた。まだ満開には程遠く、こちらも満足のいく写真にはならなかった。
d0155021_13502604.jpg

d0155021_13503287.jpg

d0155021_13503063.jpg


そのあと、桜の時期は近くの公園で桜と鳥を狙ったりした。
d0155021_13514368.jpg

d0155021_13514108.jpg

d0155021_13513672.jpg

d0155021_13513882.jpg

d0155021_13513356.jpg
4月に入って花と富士山を絡めて撮りたいと思い、下見も兼ねて御殿場へ出かけてみた。まだ菜の花が残っていたのはラッキーだった。ここも新しく道路が建設中で、数年後には景観がかなり変わってしまいそうで残念である。
d0155021_13512809.jpg

d0155021_13512684.jpg

なんとか人工物を隠して撮ってみたが、パッとしない。
そんなこんなで、結局思ったような写真が撮れていなかったので、GWに期待するしかなさそうだった。

[PR]
by umineko314 | 2018-05-10 14:03 | 夜景・風景 | Comments(0)



鳥と風景つれづれ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
タグ
フォロー中のブログ
MYリンク
ブログパーツ
検索
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧